総合 総合 sougou

  • 印刷
新神戸オリエンタル劇場などが入る新神戸駅前の複合ビル=神戸市中央区北野町1
拡大
新神戸オリエンタル劇場などが入る新神戸駅前の複合ビル=神戸市中央区北野町1

 2018年末に閉館した新神戸オリエンタル劇場(神戸市中央区北野町1)が7月、漫画やアニメなど2次元作品を原作にした舞台「2・5次元ミュージカル」の専用劇場として再開することが分かった。

 新劇場名は「アイア2・5シアター神戸」。劇場を引き継ぐのは、2・5次元ミュージカル専用劇場の先駆けとして知られた東京・渋谷の「アイアシアター東京」(18年末閉館)の運営会社ソロモン・スクエア。7月中旬にこけら落とし公演を予定する。劇場担当者は「関西、西日本から新たなオリジナルの2・5次元ミュージカルを生みだしたい」と話す。

 2・5次元ミュージカルは、漫画やアニメの世界観を忠実に表現するのが特長。俳優の背格好も含め、登場人物を完璧に再現し、既存のミュージカルや実写化映画とは一線を画す。人気ゲーム「刀剣乱舞オンライン」を原案としたミュージカル「刀剣乱舞」などが上演され、国内外で好評という。発祥は、40年以上続く宝塚歌劇団の舞台「ベルサイユのばら」とされる。

 新神戸オリエンタル劇場は1988年10月、新幹線新神戸駅前の新神戸オリエンタルホテル(現ANAクラウンプラザホテル神戸)に併設する形で開業。座席数は639席。東京の人気劇団が公演するなど兵庫県内を代表する劇場の一つだった。(段 貴則)

総合の最新
もっと見る

天気(3月24日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 13℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ