総合 総合 sougou

  • 印刷
交差点にスムーズに進入する自動運転の車=神戸市北区桜森町
拡大
交差点にスムーズに進入する自動運転の車=神戸市北区桜森町

 屋外カメラ映像と人工知能(AI)を活用し、自動運転の車が交差点をスムーズに曲がれるかを検証する実証実験が28日、神戸市北区で公開された。町中での自動移動サービス事業を考える研究グループの活動の一環。グループを主催する日本総合研究所は「2020年度には北区でなんらかの移動サービスを提供したい」としている。

 関西電力、沖電気工業、日本総研が2月6~28日に実施した。

 交差点そばの電柱にカメラを設置。自動運転車が交差点に差し掛かると、カメラが捉えた交差点内の映像をAIで解析し、車内のタブレットに送信する。交差点に入ろうとする別車両を検知すると「検知車両あり!!」と表示。自動で安全な位置で停止し、交差点に進入する。接近車両がない場合は「検知車両なし」と判断し、徐行して交差点に入る。

 従来の自動運転では、車載のセンサーで判断するため、死角になっている道路の確認が難しく、一時停止が多かったが、カメラの映像を解析することで、スムーズな運行ができるという。この日の実験では、安全で円滑な運行ができた。

 また、屋外カメラの映像データを活用し、不審な行動をしている人やうずくまっている人などを見つけ、地域住民を見守る検証も行った。

 神戸市北区では、2016年から自動運転車の運用を想定した調査や実験が続けられている。

(長沢伸一)

総合の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ