総合 総合 sougou

  • 印刷
1日平均2500~3000杯が売れる梅田ジュースコーナー(サカイ提供)
拡大
1日平均2500~3000杯が売れる梅田ジュースコーナー(サカイ提供)
看板メニュー「ミックスジュース」は150円(サカイ提供)
拡大
看板メニュー「ミックスジュース」は150円(サカイ提供)
梅田ジュースコーナーの初のツイート
拡大
梅田ジュースコーナーの初のツイート

 大阪人にとって、オアシスといえば、阪神梅田駅改札横の「梅田ジュースコーナー」。朝7時から夜10時まで客足が絶えず、定番の「ミックスジュース」は日に3000杯売れ、1日でミカンと黄桃の3キロ入りフルーツ缶60~70個を使い切ります。1969(昭和44)年12月に開店し今年で50年の老舗が、ツイッターアカウントを開設したのは、今春の移転をファンに伝えるためでした。(ネクスト編集部 金井かおる)

     ◇

 「初めまして。阪神梅田駅 東口改札すぐにあるジュースバー梅田ジュースコーナーです」

 梅田ジュースコーナー(@mixjuice_UMEDA)が初投稿をしたのは1月22日の夕方。直後からリツイート6800、いいね15000を超えました。

 看板メニュー「ミックスジュース」(税込150円)の材料は、ミカン、黄桃、バナナ、ミルク、砂糖、クラッシュ氷とシンプル。注文後約3秒という驚異的なスピードで提供されます。コップの飲み口までなみなみと注がれる表面張力とのせめぎあいも話題のひとつです。

 「子どもの頃から飲んでます」「毎日2杯飲んでます」「世界一美味しい」「寄らずには帰れません」「寝坊して朝食抜きの日はジュースを飲んで昼まで乗り切ります」「阪神電車を見ながら飲むのが楽しみ」「ペットボトルに入れて持って帰りたい」「NHKドキュメント72時間にはいつ出ますか」などコメントひとつひとつに返信する「中の人」に話を聞きました。

     ◇

 梅田ジュースコーナーの投稿を行うのは、同店の運営会社サカイ(大阪市北区)。阪神電車沿線駅で「メアリルボーン」「カレーショップミンガス」「二万翁」「阪神そば」などの飲食店を運営しています。

 -反響については

 「想定の範囲ですね(笑)」

 -まめなコメント返しも話題に

 「スタート当初は大変でした。でもモットーは『愚直に、誠実に』。ジューススタンドの販売スタッフが『ツイッター見たよ』と声をかけられる回数も増えたようでうれしく、励みになります」

 -なぜ今、ツイッター?

 「当初の目的は、今春の移転をPRするためでした」

 阪神電鉄梅田駅の改修工事にともない、今年4月に開業以来の移転を控えています。移転先は現在の店舗から目と鼻の先、徒歩10秒の場所。コメント欄には「移転するんか!」「移転前に飲めてよかった」「前を通っていたのに知らなかった」などPRは成功のようです。

     ◇

 沿線には阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)があるため、球場に行く前に1杯という阪神ファンからも。

 「甲子園に行く前に飲むと負けない」「観戦前『勝ちますように』と願いを込めて乾杯します」「景気づけに1杯飲み勝利を祈ります」と、もはや“勝利へのルーチン”。中の人に尋ねると、「もちろん。おじいちゃん、お父さん、お孫さんの3世代で観戦前後に必ず寄ってくださっている方もいらっしゃいます」

 ツイッター開設の反響は、関西だけにとどまらず全国各地のファンからも。「東京在住ですが帰阪したら必ず飲んでいます」「北海道からジュース目的で行くこともあります」「石川県に住んでますが大阪に行ったら必ずいただいてます」「大阪の実家に帰るときは必ず飲みます」

 開業50年、無休ですが、気になるのは移転の日。毎朝の1杯を日課とする常連さんも多いそう。

 「なるべく無休にしたいのですが…」

総合の最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 26℃
  • 19℃
  • 80%

  • 25℃
  • 16℃
  • 70%

  • 26℃
  • 18℃
  • 90%

  • 27℃
  • 18℃
  • 90%

お知らせ