総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市営地下鉄名谷駅に登場した「旅立ちの桜福きっぷ」(神戸市交通局提供)
拡大
神戸市営地下鉄名谷駅に登場した「旅立ちの桜福きっぷ」(神戸市交通局提供)
使用済み切符1000枚で作られた桜の花びら(神戸市交通局提供)
拡大
使用済み切符1000枚で作られた桜の花びら(神戸市交通局提供)

 神戸市営地下鉄名谷駅(神戸市須磨区)の改札前に掲示された卒業祝いのメッセージが話題です。添えられた手作りの桜は、花びら1枚1枚を使用済み切符で表現する手の込みよう。そこには鉄道マンたちの熱い思いがありました。(ネクスト編集部 金井かおる)

■1000枚の切符

 北須磨、須磨東、須磨翔風、青陽須磨支援学校などの生徒が利用する同駅に2月28日、手作りの桜と「旅立ちの桜福(おうふく)きっぷ」と描かれたボードなどが登場しました。最寄りの県立高校(北須磨、須磨東)の卒業式に合わせたお祝いです。

 「卒業する生徒さんたちにこれまでの感謝の気持ちを手作りのメッセージで伝えたい」。男性駅掌(駅係員)の馬場園歩さんが、駅長の阪上和也さんや先輩たちに思いを伝えたところ、賛同の声が上がりました。卒業式の1カ月前、さっそく駅長や助役も加わった8人が、業務の合間にメッセージ文面のアイデア出しや制作を開始。「桜福きっぷ」のネーミングには、「名谷駅から旅立つ生徒さんたちにいつかまた戻ってきてほしい」という思いと「往復」という言葉を重ねています。

 圧巻は約1000枚の切符による桜。自動改札機から回収した使用済みの中から、折れ曲がっていないものを選び、工作の得意な駅掌から切り方のアドバイスを受け、花びらの形にカットしたそうです。5枚の切符で桜を表現し、花の柱頭部分には黄色の色紙でアクセントをつけました。

 黒板には通学定期のイラストも。「子ども→名谷経由→大人」と書き、その横に「祝卒業!地下鉄ではこれから先の継続定期券は発売しておりません。みなさまご自身で未来への新しい切符をお買い求め下さい」と粋なメッセージ。

 SNSには「名谷駅素敵」「駅員さんの心づかいうれしい」「学生時代を思い出す」「感動した」「泣ける」という感想が相次いで投稿されています。

■馬場園さん、実はスゴイ人

 2年前まで高校生として、同駅の利用客だった馬場園さん。2017年11月に行われた神戸市営交通開業100周年記念「クイズ王決定戦」では見事チャンピオンに輝き、「市営交通の歴史の深さを体感した。ファンの一人として優勝できてうれしい」と優勝インタビューで語っていました。その地下鉄愛が高じて、まさか職場にしていたとは…。

 青陽須磨支援学校の卒業式の日も、始発から夜9時ごろまで、改札前にお祝いが掲出されるそうです。どんな温かいメッセージが出るのか。3月7日が楽しみです。

総合の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 17℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 20℃
  • 40%

お知らせ