総合 総合 sougou

  • 印刷
白承豪弁護士
拡大
白承豪弁護士

 兵庫県弁護士会の前会長で韓国籍の白承豪弁護士(57)=神戸市西区=が8日、日弁連の副会長に選ばれた。外国籍の副会長選任は極めて珍しい。幼少時に交通事故で右腕を失い、11歳で来日して一から日本語を学んだ苦労人。「私の存在によって、人権を単なる理念ではなく、より身近なものに感じてもらえるよう職責を全うしたい」と語る。

 日弁連の会員弁護士4万1159人(1日時点)のうち、副会長は15人。白弁護士は、兵庫県弁護士会や近畿弁護士会連合会の推薦を受けた。「日弁連は開かれた組織。国籍や障害を問題にすることなく、私を副会長に受け入れてくれた」と感謝する。

 副会長の任期は4月から1年間。人権擁護▽国際人権問題▽海外の法曹団体との交流▽死刑問題-などを担当し、来年4月に京都で開かれる「国連犯罪防止・刑事司法会議」(コングレス)の準備に当たる。「あけっぴろげに心を開いて話し合い、多様な意見を吸い上げたい」と抱負を述べた。

 韓国・ソウル生まれで、父の仕事の関係で沖縄県に移住。米軍普天間基地のある宜野湾市などで育ち、飛び交う戦闘機を見上げてきた。「最大の人権侵害は戦争。平和あってこそ人権は守られる」との信念を持つ。

 琉球大卒。28歳のとき、8回目の司法試験挑戦で合格した。神戸で司法修習後、兵庫県弁護士会では一貫して人権擁護委員会に所属。2017年度に外国籍で初めて県弁護士会長を務めた。(小林伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 26℃
  • 19℃
  • 80%

  • 25℃
  • 16℃
  • 70%

  • 26℃
  • 18℃
  • 90%

  • 27℃
  • 18℃
  • 90%

お知らせ