総合 総合 sougou

  • 印刷
例年より入荷が激減したシンコ。予約分がわずかに残るのみだった=8日午後、神戸市兵庫区東山町2、東山商店街(撮影・中西幸大)
拡大
例年より入荷が激減したシンコ。予約分がわずかに残るのみだった=8日午後、神戸市兵庫区東山町2、東山商店街(撮影・中西幸大)

 シンコの歴史的な不漁が庶民の台所を直撃した。大阪湾ではわずか3日で漁を終了し、例年は「くぎ煮」用に買い求める主婦らでにぎわう鮮魚店からも、シンコは姿を消した。「春に欠かせない食材。何とか復活してほしい」。消費者も漁業者も切望した。

 「神戸の台所」として親しまれる東山商店街(神戸市兵庫区)。鮮魚売り場からシンコは消え、あっても1キロ当たり3千円台後半~4千円の高値が付いた。

 淡路島の岩屋港などから仕入れる鮮魚店「明石屋丸徳」が販売できたのは2日間のみ。「不漁とされたおととしよりも悪い。過去最悪だと思う」と従業員の山本陵平さん(35)。店を訪れる客や入荷の有無を尋ねる電話は後を絶たず、「楽しみに待っていた人が諦めて帰る姿を見るとつらい」。

 同区の主婦(63)は、袋詰めされたシンコを見つけて値段を聞いたが、高額で購入を断念。「初日に1キロだけ買えたのが最後」と残念がった。「ここ数年、不漁が続いて心配。なくならないでほしい」と願った。

 小売業者らも気をもむ。トーホー(神戸市東灘区)は、播磨灘で漁をする漁業者から仕入れるが、担当者は「不漁続きで、今年は昨年よりも入荷量が減っている」。この時期はくぎ煮に使う砂糖やしょうゆ、ショウガの販売も増えるといい、「シンコ漁の有無で売り上げが変わる。状況の好転を祈るしかない」と話す。

 兵庫県内の郵便局で販売するくぎ煮用の容器をセットにした通称「いかなごレターパック」。神戸中央郵便局(同市中央区)によると、現時点で今年の取扱量は例年並みだが、漁期の短縮で最終的な取扱量は減るとみる。担当者は「確実な売り上げが見込まれるサービス。正直痛い」とする。

 「魚を捕れずに高値となってしまい申し訳ない」。シンコ漁の打ち切りに踏み切った漁師松林義文さん(63)=神戸市垂水区=は肩を落とす。シンコ漁は年間収入の3分の1を占め、生活への影響も避けられない。「30年ほど前から休漁日をつくり、親魚の漁もやめてきたが今年の不漁はひどい。少しでも多くの魚を残し、将来のシンコ漁を守りたい」と話した。(津田和納、三島大一郎、山路 進)

総合の最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 70%

  • 23℃
  • 16℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 70%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ