総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県庁3号館
拡大
兵庫県庁3号館

 神戸市にある兵庫県立高校が昨年11月、県立大の推薦入試の願書を出し忘れ、第1志望だった生徒4人が受験機会を奪われた問題で、県教育委員会は13日、同校の進路指導部長の女性教諭(56)と、同部の男性教諭(64)の2人を戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、同入試の願書は高校が一括して発送する手続きで、部長が願書を取りまとめ、男性教諭が郵送する役割。同校は、職員室にチェック表を掲示して管理していた。昨年11月上旬、部長が次年度となる2020年度の出願業務について他の教員と会話をしていたことから、近くにいた教諭は部長が今回の願書を既に郵送してくれたと思い込んだという。

 だが、願書の提出期限だった11月12日、チェック表に郵送の確認印がないのに気付いた教諭が保管していたロッカーを確認したところ、願書が残っているのを見つけ、期限が必着か消印有効かを確認しないまま郵送。翌日、期限が12日午後4時必着と分かり、願書は間に合っていなかったことに気付いたという。同校は大学側に事情を説明したが、受理されなかった。

 戒告は懲戒処分の中で最も軽い処分。県教委は「生徒の人生に関わる重大なミス」としながら、「(処分の軽重は)過去の事例などを参考にした」とする。(井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(3月24日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 13℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ