総合 総合 sougou

  • 印刷
データ改ざん事件で揺れた神戸製鋼本社=神戸市中央区脇浜海岸通
拡大
データ改ざん事件で揺れた神戸製鋼本社=神戸市中央区脇浜海岸通

 日本のものづくりへの信頼をゆるがせた事件に、司法判断が下った。アルミニウム製品などの品質データ改ざん事件で13日、罰金1億円の有罪判決を受けた神戸製鋼所(神戸市中央区)。兵庫県内の下請け企業や関係先からは、判決を機に信頼回復を願う声が相次いだ。

 立川簡裁(東京)にはこの日、神鋼の山下淳二法務部長が出廷。八木正一裁判官が「企業体質に根差す常習的な犯行」などと判決理由を述べる間、目線を落とすことなく、神妙な面持ちで聞き入った。

 神鋼の不祥事は、兵庫の関連企業にも動揺を招いた。改ざん発覚以降、予定していた投資を控えた下請け企業もあったという。

 部品加工を請け負う神戸市内の社長は「これで次に進める」と胸をなで下ろす。発覚を機に、神鋼の担当者と品質管理の徹底を約束した。取引に影響は出ていないが「神鋼は神戸の中心企業。今後もついていく。一刻も早く信頼を取り戻してほしい」と話す。

 大手製造業で相次いだ品質不正に、「業界全体で襟を正すべきだ」と神鋼OBの経営者。「判決を機に、品質管理や法令順守に率先して取り組む企業に」と切望する。中小製造業でつくる神戸市機械金属工業会の藤浪芳子会長(昭和精機会長)は「神鋼は、大手から中小までつながるピラミッド構造の頂点にいる。地域経済のけん引役であることを再認識してほしい」と願った。

 判決では、責任の所在や経営陣の関与などは明らかにならなかった。企業のコンプライアンス問題に詳しい久保利英明弁護士は「誰に責任があるのかなど真相は分からないまま。刑事裁判ではこれが限界」と述べ、「ブランドの失墜は明らか。神鋼はこれで終わりではなく、自助努力で真因に迫っていく必要がある」とくぎを刺した。(横田良平、西井由比子)

総合の最新