総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市が須磨区西須磨地区に計画する都市計画道路「須磨多聞線」を巡り、建設に反対する周辺住民らが市を相手に申し立てた第2次公害紛争調停について、兵庫県公害審査会調停委員会は14日までに、第1回調停期日を今月25日に決め、関係者に通知した。市側は「調停には応じない」との姿勢を示している。

 大気汚染などを懸念した住民らは建設計画に強く反発し、1997年に国内最大規模の公害調停を申請。協議は15年に及び、調停委が「協議を今後も継続する」とした調停案の受諾勧告をしたが、市は「建設を前提としない協議はできない」と拒否し、打ち切った。

 市は昨年7月、詳細設計に向けた測量に踏み切り、住民側は同12月に調停を再び申請。申立人は前回より約千人多い4856人に上った。

 関係者によると、同審査会は調停委の委員長に兵庫県弁護士会の永井光弘弁護士を選任。市側は2月12日、調停に応じない意向を記した意見書を提出した。調停委はその後、期日を決定して住民側と市側に通知したという。

 市道路部工務課は「これまで通り説明会などで計画に対する住民の理解を深めたいと考えている。調停に出席するかどうかは答えられない」と述べた。(金 旻革)

総合の最新
もっと見る

天気(3月23日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ