総合 総合 sougou

  • 印刷
神妙な表情で当選証書を受ける泉房穂氏=18日午前、明石市役所
拡大
神妙な表情で当選証書を受ける泉房穂氏=18日午前、明石市役所

 部下への暴言問題で明石市長を引責辞職し、17日投開票の出直し市長選で3選を果たした泉房穂氏(55)が18日午前、1カ月半ぶりに市役所に登庁した。市選挙管理委員会から当選証書を受け取った後、報道陣の取材に応じ「市長不在の期間をつくってしまい申し訳ない。市長判断が滞っている事案があり、そこから取り掛かる」と述べた。

 当選から一夜明けても笑顔はなく、「ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした」と神妙な面持ちで当選証書を受け取った。職員による出迎えのセレモニーもなかった。

 その後の取材では、パワハラ対策について「暴言を繰り返さないのは当然。風通しのよいシステムをつくる」と話し、職員に対しては「まずおわびしたい。苦手分野で職員としっかり情報共有できていなかった。職員に教えを請う姿勢に改めたい」とした。

 次点の元明石市長北口寛人氏(53)に3倍以上の差をつけた点については「責任は重い。市民からの期待に応えたい」と強調。選挙期間中、妊娠中の女性や障害児の親らから支援施策の継続を求められたと明かし、「しっかり取り組み続けなければ」と決意を語った。(藤井伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ