総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 AI(人工知能)審判はありだけど、AI監督・コーチはなし-。神戸新聞社など全国27の新聞社が小学生約1万2千人を対象に実施し、20日公表した「子どもとスポーツについてのアンケート」の結果で、そんな考え方が浮き彫りになった。2020年東京五輪の体操競技では、一部種目で採点支援システムを補助として活用するなど、スポーツへのAI導入は既に現実のものとなっている。

 アンケート結果では、「AIが審判をするのはあり?」という問いには、「はい」が39・4%、「いいえ」が38・5%と拮抗。男子に限ると「はい」は44・7%だった。一方、「コーチや監督がAIだったらいいなと思う?」には、68・8%が「いいえ」と回答。学年が上がるにつれて「いいえ」の割合は高くなった。

 スポーツジャーナリストの増田明美さんは、AIのコーチや監督に抵抗を感じる子どもが多い点について「指導者との心のつながりの大切さを分かっているのだろう」と分析した。

 アンケートは1~2月、子ども向けの新聞や紙面を作る新聞社が実施。結果は26、27日に東京で開かれる「こども新聞サミット」での議論にも役立てる。(太中麻美)

総合の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ