総合 総合 sougou

  • 印刷
織田政権下の天正8年に羽柴秀吉が作らせた検地帳=姫路市本町、県立歴史博物館
拡大
織田政権下の天正8年に羽柴秀吉が作らせた検地帳=姫路市本町、県立歴史博物館
秀吉の検地帳を掲げる前田徹学芸員=姫路市本町、県立歴史博物館
拡大
秀吉の検地帳を掲げる前田徹学芸員=姫路市本町、県立歴史博物館
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
秀吉が作らせた最古級の検地帳=姫路市本町、県立歴史博物館
拡大
秀吉が作らせた最古級の検地帳=姫路市本町、県立歴史博物館

 「本物ならすごいことになる」-。織田政権下のものとみられる検地帳が兵庫県内の男性所蔵者から持ち込まれたのは一昨年10月だった。県立歴史博物館の前田徹学芸員らは1年半近くをかけ、内容の解読や分析を進めてきた。見えてきたのは、秀吉による「天正8(1580)年播磨検地」の画期的な価値。社会全体を中世から近世へと転換させる政策だったという。

 「大もん 九畝(せ) 下 九斗九升 三野村 宗次郎」…。今回発見された検地帳に書かれていた地名や面積、分米高といった項目は、太閤検地として知られる文禄年間の検地帳と一致していた。また斗代(とだい)と呼ばれる1反(当時は約12アール)当たりの米の税率も、上田(じょうでん)で1石3斗(約195キロ)、下田(げでん)で1石1斗(約165キロ)など、文禄期の標準値に近いものとなっており、検地の成熟度を物語る。

 名請人の名前は一部を除いて名字がなく、百姓の身分を示す。さらに耕地1筆につき名請人が1人ずつであることからも、「一地一作人(いっちいっさくにん)」の原則による近世的な検地帳と評価できるという。播磨ではこれまで、天正10年の飾東郡平野村の検地が知られていたが、これは同村の一部分のみ。一村分がまとまったものは、今回の緋田村検地帳が唯一となる。

 織田政権下では検地自体があまり行われておらず、その史料は極めて貴重。柴田勝家(天正5年越前国)や前田利家(同10年能登国)の検地帳も残っているが、後に天下人として集権制を強めていく秀吉の検地は特に注目される。前田さんは「戦がなくなった世で臣下に知行(ちぎょう)(領地)を分配するには検地が最も重要。検地制度の成熟度はそのまま織豊政権の評価とも結びつく」と話す。

 東京大学史料編纂(へんさん)所の村井祐樹准教授も「信長配下時代の秀吉の土地政策はほとんど分かっていなかった。今回の史料は、後の太閤検地が信長の影響を受けていたのかなど、多くの疑問を解く鍵になる」と期待を寄せる。(平松正子)

総合の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ