総合 総合 sougou

  • 印刷
北神急行の車両=神戸市中央区、新神戸駅
拡大
北神急行の車両=神戸市中央区、新神戸駅
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市は29日、神戸市北区の谷上と都心の新神戸を結ぶ北神急行電鉄(同市北区)を、親会社の阪急電鉄から198億円で譲り受けることで基本合意したと発表した。約650億円に上る負債は引き継がない。遅くとも2020年10月1日までの市営化を目指す。

 北神急行は市営地下鉄西神・山手線と相互乗り入れをしており、同市は事業譲渡による地下鉄との一体運用で、谷上-三宮間の運賃(540円)を現在のほぼ半額となる280円にしたい考え。運賃設定などは今後、関係機関と協議する。

 谷上-新神戸(約7・5キロ)を8分で結ぶ北神急行はトンネル整備などで建設費が膨らみ、初乗り運賃が360円と割高なのが乗客が伸び悩む要因とされていた。同市と兵庫県が1999年度から運賃補助などで支えてきたが、新たな運賃軽減策として同市が事業譲渡を提案。昨年末に交渉が始まった。

 同市によると、阪急電鉄から駅や車両、トンネルなど北神急行に関係する資産(簿価約400億円)を198億円で譲り受ける。同市と県が現在の運賃補助と同水準の支援を30年間続けた場合、「運賃を大幅に下げても健全な経営が維持できると判断した」(同市)という。

 会見で久元喜造市長は「運賃引き下げを乗客数の増加に結びつけ、沿線の魅力を向上させたい」とした。

 一方、基本合意を受け、阪急電鉄を傘下に置く阪急阪神ホールディングス(HD)は29日、19年3月期に北神急行関連の売却損約190億円の減損損失を計上すると発表した。(石沢菜々子、三島大一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ