総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
花粉症でつらそうに目をこするサル=洲本市畑田組、淡路島モンキーセンター(同センター提供)
拡大
花粉症でつらそうに目をこするサル=洲本市畑田組、淡路島モンキーセンター(同センター提供)
くしゃみをするサル=淡路島モンキーセンター(同センター提供)
拡大
くしゃみをするサル=淡路島モンキーセンター(同センター提供)
過去最悪レベルの花粉症に顔を真っ赤にするサル=洲本市畑田組、淡路島モンキーセンター(同センター提供)
拡大
過去最悪レベルの花粉症に顔を真っ赤にするサル=洲本市畑田組、淡路島モンキーセンター(同センター提供)

 兵庫県の淡路島モンキーセンター(洲本市)に集まるニホンザルに、過去最悪レベルの花粉症“被害”が広がっている。例年の2倍近い約30匹に鼻水やくしゃみ、涙目などの症状があり、センターは「今までで一番ひどい」と心配する。

 同センターは1967年に開園。サルに花粉症のような症状が出始めたのは80年代に入ってからで、近年は約300匹のうち17~18匹に発症が見られた。

 今年は2月中旬から症状が確認されるようになった。その数は過去最多の約30匹に上り、中には重症化したサルも。メスのプリコ(17歳)などがひどく、鼻水を飛ばしながらくしゃみをしたり、かゆそうに目や鼻をこすったりするしぐさを頻繁に見せた。

 県洲本健康福祉事務所によると、同市では今年、昨年より7日早い2月16日に花粉の飛散が始まった。スギ花粉は3月前半をピークに昨年の約2・5倍、1平方センチメートル当たり約500個を確認した日もあった。「洲本ではここ10年で最も多い」と、県立健康科学研究所は指摘する。

 4月に入りスギ花粉は収まりつつあるが、今度はヒノキ花粉が本格化。「人と違って対策ができないので、見守るしかない」と延原利和・同センター長(65)。花粉症シーズンの終わりを、人もサルも願っている。(上田勇紀)

総合の最新
もっと見る

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ