総合 総合 sougou

  • 印刷
淡路島日本遺産RPGのポスター(淡路島日本遺産委員会提供)
拡大
淡路島日本遺産RPGのポスター(淡路島日本遺産委員会提供)
プレー中のゲーム画面(淡路島日本遺産委員会提供)
拡大
プレー中のゲーム画面(淡路島日本遺産委員会提供)

 日本遺産「国生みの島・淡路」を舞台にしたスマートフォン用ロールプレーイングゲーム(RPG)アプリ「はじまりの島」が、6日から配信される。日本遺産をめぐる壮大な冒険を通して島の魅力をPRする。ダウンロードは無料。

 淡路県民局と島内3市などでつくる「淡路島日本遺産委員会」が、昨年から開発してきた「地方創生RPG」で、総事業費は700万円。地方創生RPGとしては埼玉県のさいたま市、行田市に続き3例目で、西日本では初という。

 古代にタイムスリップした男子高校生が、仲間と旅をしながら魔物に立ち向かう物語。島内にある31の文化財が登場し、スマホの衛星利用測位システム(GPS)を使って実際に訪れると強力なアイテムが手に入る。また島内26の観光施設などで使えるクーポンがもらえる。

 主要キャラクターの声は南あわじ市出身の人気声優興津和幸さんらが担当し、淡路弁のせりふなども楽しめる。敵キャラクターは一般公募で選ばれた35体で、松帆銅鐸やタマネギなどをモチーフにした淡路島ゆかりのデザインがそろった。

 目標は1年間で10万ダウンロード。担当者は「若い人にもゲームをきっかけに島の歴史に関心を持ってほしい」と話す。(赤松沙和)

総合の最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ