総合 総合 sougou

  • 印刷
投票前に投票箱が空になっていることを確認する有権者=小野市(2013年7月)
拡大
投票前に投票箱が空になっていることを確認する有権者=小野市(2013年7月)
次々と投票する有権者=7日午前、神戸市中央区港島中町3、港島学園投票所
拡大
次々と投票する有権者=7日午前、神戸市中央区港島中町3、港島学園投票所

 7日は統一地方選前半の投開票日。午前8時ごろ、ツイッターのトレンドに「投票箱の中」というキーワードがランクインしました。

 関連ツイートを見ると、〈朝5時半から並んだ〉〈人生初のゼロ票確認〉〈先を越された〉〈寝坊して2番目だった〉〈タッチの差で勝った〉など、投票所に1番乗りした人だけが体験できる「零票確認」を巡る、悲喜こもごもの投稿が見られます。

■「零票確認」とは

 公職選挙法施行令には次のように定められています。

〈(投票箱に何も入つていないことの確認)第三十四条 投票管理者は、選挙人が投票をする前に、投票所内にいる選挙人の面前で投票箱を開き、その中に何も入つていないことを示さなければならない。〉

 各投票所の1人目の投票人は、投票所の管理者(責任者)から空の投票箱を示され、箱の中に何も入っていないことを確認します。「零票確認」「ゼロ票確認」などと呼ばれており、SNS上では「#零票確認」「#零票確認ガチ勢」などのハッシュタグとともに投稿されています。

 #零票確認がツイッターに初めて登場したのは2009年。#零票確認ガチ勢は2014年でした。

■「次はチャレンジしたい」

 7日15時現在、「#零票確認」「#零票確認ガチ勢」のツイートは増える一方です。

 今回初めて知った人たちは<チケット発売日みたい><こんな文化もあるんや><ほんま色んな人がいるな>。さらに、<次は参加しよ><次チャレンジしたくなる>と次の選挙に闘志を燃やす人たちも。次回の競争率は激しいかも?(ネクスト編集部 金井かおる)

総合の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ