総合 総合 sougou

  • 印刷
「青春ラジメニア」公開生放送を終えた岩崎和夫(右)、南かおりと集まったファン=神戸市中央区東川崎町1、ラジオ関西サテライトスタジオ
拡大
「青春ラジメニア」公開生放送を終えた岩崎和夫(右)、南かおりと集まったファン=神戸市中央区東川崎町1、ラジオ関西サテライトスタジオ

 アニメや特撮ソングをリクエストに応じてかけるラジオ関西の番組「青春ラジメニア」が4月、放送開始30周年を迎えた。アニメソングという言葉が市民権を得る前に始まり、熱狂的なファン「ラジメニアン」を生んだ同番組。3月末の公開生放送は、ラジメニアン約250人が集結。パーソナリティーの岩崎和夫と南かおりの愉快なトークに加え、祝福メッセージも相次ぎ、番組とアニソンへの愛にあふれた3時間となった。(溝田幸弘)

 同番組は1989年4月にスタート。アニメ好きへの風当たりが厳しかった時代、レアな曲でもリクエストがあれば取り上げ、アニメやサブカル好きの中高生から熱い支持を集めてきた。

 途中、放送時間の変更などはあったが、リスナーのリクエストを受けて曲をかけるというスタイルは変わらない。しかも会員制交流サイト(SNS)や電子メールが当たり前の現代にあって、原則はがきとファクスでしかリクエストを受け付けない頑固さだ。

 「手間はかかるけれど、だからこそ採用されたらうれしいんですよね。ラジオの原点じゃないかな」と岩崎。その言葉を裏付けるように、現在も毎週700~800通のリクエストが届き、2人はすべてに目を通す。

 今年3月下旬には、30周年の記念本「青春ラジメニア30周年アニバーサリーブック」を発売。神戸で開かれたサイン会には長年のラジメニアン約500人が全国から駆け付け、同窓会の趣だったという。

♪   ♪

 公開生放送は神戸ハーバーランドの商業施設「カルメニ」1階、ラジオ関西サテライトスタジオで行われた。午後7時からだったが、昼すぎにはスタジオ前にラジメニアンの姿が。有志による祝福の花束も飾られ、開始時間には黒山の人だかりができた。

 懐かしの曲をアナログレコードで聴かせる「お宝レコードリクエスト」、リスナーのお便りを読む「感謝感激ラジメニアン」…。南が常連の名前を読み上げると会場が沸き、ユーモラスな内容に笑いが広がった。

 ラジメニアンだったという声優は多い。その一人・武虎は、関係者に呼び掛けて30周年記念のたこ焼きパーティーを東京で開催。神戸のスタジオとつなぎ、伊倉一恵ら有名声優がお祝いの言葉を贈った。

 ほかにも鈴村健一や林原めぐみ、堀江美都子ら大物から祝福のメッセージがいくつも届いた。「アニソンの帝王」水木一郎は「俺に負けずに50周年を目指せ!」とエールを送った。

♪   ♪

 3時間の生放送は「キャンディ・キャンディ」のエンディング曲「あしたがすき」(堀江美都子)とともに終わった。岩崎は「リスナーの生の反応がうれしいし、ありがたかった」と振り返り、「ラジオの危機とか言われるけど、リスナーのまなざしを見ているとまだまだいけるなって思う」とつぶやいた。

 4月からは毎土曜午後8~9時、1時間の録音番組として続く。「これまでの3時間から短くなったけれど、その分凝縮していきたい」と南。2人は「暴れてやりますよ」と笑った。

総合の最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ