総合 総合 sougou

  • 印刷
休止前に姫路競馬場で行われていたレースの様子(兵庫県競馬組合提供)
拡大
休止前に姫路競馬場で行われていたレースの様子(兵庫県競馬組合提供)
7年半ぶりのレース再開が決まった姫路競馬場=兵庫県姫路市広峰2
拡大
7年半ぶりのレース再開が決まった姫路競馬場=兵庫県姫路市広峰2
約7年半ぶりのレース再開が決まった姫路競馬場。休止中の現在は、園田競馬場などのレースが大型ビジョンで中継されている=姫路市広峰2
拡大
約7年半ぶりのレース再開が決まった姫路競馬場。休止中の現在は、園田競馬場などのレースが大型ビジョンで中継されている=姫路市広峰2

 地元ファンらがレース再開を待ちわびてきた姫路競馬場(兵庫県姫路市)。2000年代に入り全国の地方競馬は廃止が相次いだが、姫路の場合、レースを休止した13年ごろから、馬券を携帯電話などで買えるインターネット投票が普及したことが幸いし、再開につながった。地方競馬全国協会(東京)は「休止からの再開は珍しい」とする。

 地方競馬は公営ギャンブルの一つとして戦後、経済復興を目指す全国の自治体が運営を始めた。地方競馬全国協会によると、現在レースが開催されている地方競馬場は、馬が鉄そりを引く「ばんえい競馬」を含めて全国14カ所。経営悪化により01~06年には10カ所以上が廃止に追い込まれた。

 しかしその後、馬券のインターネット投票が普及し、12年10月からは日本中央競馬会(JRA)のネット投票でも地方競馬の馬券購入が可能に。全国の地方競馬で売り上げが回復傾向にあるという。

 地方競馬は、売り上げから的中者への払戻金や必要経費などを除き、一部が構成自治体に「配分金」として還元される。兵庫県競馬組合の構成員である姫路市だけで1990年度には配分金が5億円を超えたが、「近年は配分金を受け取れない状態が続いていた。再開により収益が出れば」と同市。地方競馬全国協会の広報担当者も「復活しようとして失敗に終わった競馬場もある。姫路のようなケースは珍しく、うれしく思う」と話す。

 親の代から50年以上、姫路競馬場内で食堂を営む女性(75)は「映像とは迫力が全く違うので、多くの人に来てもらえたら」とレース再開によるにぎわい復活を期待する。

 県競馬組合の広報担当者は「時間がかかったが、ようやく再開できる。姫路の地で馬が走る光景をもう一度、ファンの皆さんに見てほしい」としている。

(井沢泰斗)

総合の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ