総合 総合 sougou

  • 印刷
「困っている人の役に立つ存在になりたい」と話すタオさん=神戸市内
拡大
「困っている人の役に立つ存在になりたい」と話すタオさん=神戸市内
草京子さん
拡大
草京子さん

 多くの若者が社会人のスタートを切った4月。神戸市在住のベトナム人、トラン・グエン・キム・タオさん(27)も同市内の病院で正看護師としての一歩を踏み出した。来日当時は全く日本語が話せなかったタオさん。夢の実現を支えたのは、1月にがんのため65歳で亡くなった夜間中学の恩師との絆だった。(広畑千春)

 10年前、先に来日していた父と弟に呼び寄せられ神戸へ。弟とともに入学した市立丸山中学校西野分校で出会ったのが、教諭の草京子さんだった。

 タオさんは靴工場に勤務。当初は「作業を覚えれば日本語は必要ない」と勉強には後ろ向きだった。ただ、言葉も文化も違う国で友人もいない。「何かあれば『外国人だから』と責められるのではといつも不安だった」

 ある日、体調を崩し病院を受診したものの症状を説明できない。医師の言葉も分からず「すごく怖かった」。その後、日本の病院のシステムが分からず待合で混乱する外国人を見かけた。「看護師になれば、家族も他の外国人患者も助けられる」と決意した。

 その思いを知った草さんは人一倍厳しくタオさんを教えた。「病院で患者と接するなら日本語を磨き、日本社会のルールにも詳しくなった方がいい」と、働きながら夜間高校へ通う道を助言した。

 読み書きはおろか、会話もたどたどしかったタオさんの日本語はぐんぐん上達し、高校では簿記や英語などの資格も取得。草さんは国内の看護系大学や専門学校を片っ端から調べ、タオさんに合いそうな学校を選んだ。二人三脚で勉強を続け、2度目の挑戦で見事合格した。

 その半年後、草さんにがんが見つかった。転移し、手術もできない状態だった。ショックを受けながらもタオさんは「先生に看護師になった姿を見せたい」との一心で勉強に励み、実習をこなした。草さんは激痛に襲われながらも、メールでタオさんを励まし続けた。

 正看護師の国家試験まで2カ月を切った昨年末、タオさんは草さんの入院する神戸市内のホスピスを訪れた。草さんはいつものように「今日はどうだったの?」と優しい笑顔で様子を尋ね、「タオちゃんならできるから。私も頑張るから、タオちゃんも頑張って」と声をかけた。その3週間後、草さんは亡くなった。

 3月。タオさんは国家試験の合格通知を手に、草さんの仏前に報告した。これから病院での研修を経て、現場での勤務が始まる。「今があるのは、どんなときも見守ってくれた先生のおかげ。これからもっと大変だと思うけれど、日本人も外国人も助けられる看護師になりたい。そして、外国人でも看護師になれると知ってもらえたら」

総合の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ