総合 総合 sougou

  • 印刷
泉房穂氏
拡大
泉房穂氏
明石市長選で無投票当選を決め、支援者と握手する現職の泉房穂氏=14日午後、明石市大明石町2
拡大
明石市長選で無投票当選を決め、支援者と握手する現職の泉房穂氏=14日午後、明石市大明石町2
明石市長選で無投票当選を決め、支援者にあいさつする現職の泉房穂氏=14日午後、明石市大明石町2
拡大
明石市長選で無投票当選を決め、支援者にあいさつする現職の泉房穂氏=14日午後、明石市大明石町2

 統一地方選後半で、任期満了に伴う兵庫県明石市長選が14日告示され、無所属現職の泉房穂氏(55)以外に立候補の届け出がなく、泉氏の4回目の当選が決まった。同市長選が無投票になるのは戦後初。

 泉氏が暴言問題で任期満了直前に辞職したため、公選法の規定により1カ月余りで2回目の市長選となった。

 泉氏は無投票当選が決まった同日午後5時すぎ、明石駅近くの選挙事務所前で支援者らにあいさつ。深々と頭を下げて暴言問題を謝罪した上で、「明石のまちづくりはまだまだこれから。しっかりと自らを律し、市民が主人公の政治を目指す」と述べた。

 泉氏は3期目の公約について、全ての市民にやさしい共生社会▽明石駅前のにぎわいを他地域に波及させる▽図書館増設-などを挙げていた。

 3期目は、全国最多となっている待機児童への対策や人口増、税収増といった好循環の継続、高齢者施策の充実などが課題になる。

 泉氏は市幹部に浴びせた暴言問題で、2月2日付で引責辞職。3月17日投開票の出直し選では、謝罪を続ける一方、人口増などの実績をアピール。次点に5万票以上の差をつける圧勝で3選を果たしていた。

 明石市議選(定数30)も4月14日告示され、39人が届け出た。投開票は21日。

     ◇

 神戸新聞社は統一選後半の市長選立候補者について、政策を訴える1分間動画を作製しました。泉氏はその中で、暴言問題をめぐり改めて謝罪の言葉を重ねています。

■泉氏が政策を訴える1分間動画はこちら

総合の最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 70%

  • 23℃
  • 16℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 70%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ