総合 総合 sougou

  • 印刷
2004年6月、シンポジウムで「ルパン三世」の峰不二子を描くモンキー・パンチさん=大手前大
拡大
2004年6月、シンポジウムで「ルパン三世」の峰不二子を描くモンキー・パンチさん=大手前大

 人気アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんが11日午後7時26分、肺炎のため死去した。81歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行った。後日しのぶ会を行う。

 モンキー・パンチさんは高校卒業後、貸本専門の出版社でアルバイトしながら漫画を執筆し、1965年にデビュー。翌年ペンネームを「モンキー・パンチ」として再デビューした。

 67年から「週刊漫画アクション」で連載を始めた「ルパン三世」は、アメリカンコミック風のおしゃれなタッチが受け、注目作に。怪盗ルパンの孫で大泥棒のルパンと、すご腕のガンマン・次元大介、寡黙な剣の達人・石川五ェ門、美貌の峰不二子という一味と、逮捕に執念を燃やす銭形警部との追いつ追われつのストーリーで魅了した。

 71年以降、現在まで何度もテレビアニメ化、映画化され、大野雄二さんが作曲した疾走感のあるテーマ曲と相まって国民的人気作となった。

 2005年からは大手前大(兵庫県西宮市)の教授として漫画を教えた。大手前大によると、12年からは客員教授として年1~2回、インターネット電話のスカイプを使って授業。ホワイトボードにルパンの絵を描いて説明するなどしていたが、今年3月末に「体調が優れない」などとして退任したという。

 17年の授業では、ユニークなペンネームの由来について「欧米風の絵を見た編集長に付けられ、初めは嫌だった」と回想。09年には同大で原画展も開かれ、大勢のファンでにぎわった。

 同大の担当者は「授業に熱意と愛情を注ぎ、人柄も気さく。『怪盗ルパン』の名の通り、学生も教員も先生に心を奪われていました」としのんだ。

総合の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 31℃
  • 12℃
  • 10%

  • 30℃
  • 18℃
  • 0%

  • 32℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ