総合 総合 sougou

  • 印刷
温かみのある字体で書かれたラベル「令和」と日本酒=加東市新定
拡大
温かみのある字体で書かれたラベル「令和」と日本酒=加東市新定

 「祝令和 乾杯」「新時代も元気で長生きを」-。

 兵庫県加東市の酒販店「井乃屋」が、独特の字体で新元号を手書きしたラベル付き日本酒の販売を始めた。余白には感謝の言葉もつづる。酒に加えて味のある字が評判を呼び注文が相次いでいる。

 代表の井上稔也さん(58)が家業の米店経営の傍ら、30年前に書き始めた。独特の字体でオリジナルの酒ラベルなどを制作。顧客の依頼に応じ、誕生日や結婚式などの祝い事でしたため、これまでに約1万枚を仕上げた。

 新元号発表後、早速、問い合わせがあり、「令和」のラベルを作った。紙は同県多可町名産の杉原紙、日本酒は加東市産山田錦100%の「富久錦」(加西市)と地元産にこだわる。

 「元号が変わるほどの祝い事はそうあることではない。北播磨の誇るお酒で祝杯を」と話す。井乃屋TEL090・1671・9773

(中西大二)

総合の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ