総合 総合 sougou

  • 印刷
事故を受け謝罪する神戸市の久元喜造市長=22日午前、同市役所(撮影・中西幸大)
拡大
事故を受け謝罪する神戸市の久元喜造市長=22日午前、同市役所(撮影・中西幸大)

 JR三ノ宮駅前で市バスが歩行者をはね8人が死傷した事故を受け、神戸市交通局は22日朝、事故を起こしたバスと同型の車両の緊急点検や市民からの苦情などへの対応に追われた。

 同市交通局によると、同日朝までに、市内の各営業所に事故の概要や安全運転の徹底を求める文書を通達。事故を起こしたバスと同型の全38台を点検し、すべて異常がないことを確認した。同日朝に事故の概要や車両点検結果を市会議員全員に文書で報告し、同日中に近畿運輸局にも報告する。

 同日午前には、直営と民間委託を合わせた計8営業所長を集めた臨時の所長会を開催。事故を起こした運転士は糖尿病が持病でインスリンを投与されていたことを踏まえ、日常服用している薬の量や頻度を聞き取り、産業医に運転への影響の有無を相談する方針を伝えるという。

 事故から一夜明け、神戸市には市民から「危ない」「安全に気を付けてもらいたい」といった苦情や要望が殺到。職員が慌ただしく対応した。

 久元喜造市長は報道陣の取材に対応し、「取り返しのつかない事故。亡くなった方やけがをされた方々に心からおわび申し上げる」と謝罪。「このような事故を二度と起こさないよう、徹底的に事故原因を究明する」と述べた。(石沢菜々子、霍見真一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ