総合 総合 sougou

  • 印刷
デビュー戦で、緊張した表情で石を打つ仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
拡大
デビュー戦で、緊張した表情で石を打つ仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
盤上をじっと見つめ戦略を練る仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
拡大
盤上をじっと見つめ戦略を練る仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
大森らん初段(右)と対局する仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
拡大
大森らん初段(右)と対局する仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
デビュー戦となる大森らん初段との対局を振り返る仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
拡大
デビュー戦となる大森らん初段との対局を振り返る仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
対局を振り返る(左から)仲邑菫初段と大森らん初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)
拡大
対局を振り返る(左から)仲邑菫初段と大森らん初段=22日午後、大阪市北区茶屋町、日本棋院関西総本部(撮影・秋山亮太)

 今月、史上最年少で囲碁のプロ棋士となった仲邑菫初段(10)が22日、大阪・梅田の日本棋院関西総本部で初のプロ公式戦に臨んだが、大森らん初段(16)に敗れ、デビュー戦を白星で飾ることはできなかった。

 仲邑初段は、国際棋戦で活躍できる棋士を育てようと日本棋院が新設した英才特別採用推薦棋士の第1号で、今月1日付でプロとなった。10歳1カ月での公式戦により、藤沢里菜女流三冠(20)が持っていた11歳8カ月という最年少対局記録を更新した。

 この日は竜星戦予選Bで、注目度の高さを物語るように40社100人の報道陣が詰めかける中、対局は仲邑初段の先番で始まった。同じくデビュー戦の大森初段が中盤の勝負どころで手厚い打ち回しを見せ、仲邑初段は174手で投了した。

 仲邑初段は終局後の会見で「緊張してうまく打てなかった」と振り返り、敗戦に「悔しいです」とポツリ。「次は頑張りたい」と話した。(溝田幸弘)

総合の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 31℃
  • 12℃
  • 10%

  • 30℃
  • 18℃
  • 0%

  • 32℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ