総合 総合 sougou

  • 印刷
児童虐待の対応に関する協定に署名した兵庫県警の岡田俊明・生活安全部長(左)と明石市の佐野洋子・こども局長=神戸市中央区下山手通5、県警本部
拡大
児童虐待の対応に関する協定に署名した兵庫県警の岡田俊明・生活安全部長(左)と明石市の佐野洋子・こども局長=神戸市中央区下山手通5、県警本部

 兵庫県警はこのほど、明石市、播磨町とそれぞれ児童虐待への対応に関する連携協定を結んだ。県警と児童相談所、自治体との情報共有を緊密にし、虐待を早期に確認。子どもの安全を確保するのが狙い。

 虐待で子どもが命を落とす事件が全国で相次いでいることから、県警は自治体との連携を強化しており、神戸市とも同様の協定を交わしている。

 明石市は4月に中核市として全国3例目の児童相談所を設置するなど、虐待防止に力を入れている。協定では、子どもの利益を最優先にして対応することを掲げ、県警と市の児童相談所が、子どもの命に危険が及ぶような虐待事案には、密に連絡を取り合うことを明記。播磨町も協定で同様に県警との連携強化を打ち出している。

 神戸市中央区の県警本部であった明石市との締結式で、県警の岡田俊明・生活安全部長は「虐待により子どもの命が奪われることがないよう、情報共有し、それぞれの機関が役割を果たすことが大切だ」と協定の意義を強調した。(那谷享平)

総合の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 31℃
  • 25℃
  • 20%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ