総合 総合 sougou

  • 印刷

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で市バスが歩行者8人をはね死傷させた事故で、神戸市は25日、自動車運転処罰法違反容疑で逮捕された運転手の男(64)の勤務中の事故が、2002~18年に物損事故も含め計13件に上ることを明らかにした。

 市交通局が同日の市会常任委員会で行った説明によると、1986年に採用された運転手は15年の定年退職後、再任用職員として週4日間勤務。02年~18年に人身3件、物損10件の事故があった。運転手に瑕疵のない事故も一部含まれており、精査するという。同局は「事故の数は担当する路線の交通状況が大きく影響する」などとし、再任用した判断に問題はなかったとの認識を示した。

 同委員会の冒頭、岸田泰幸交通局長が「亡くなられた方、けがをされた方に深くおわび申し上げる。あってはならない事故で、市民の皆さまに多大なご迷惑をおかけした」と謝罪。「事故の原因を徹底的に究明し、再発防止策を講じる」と述べた。(石沢菜々子)

総合の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ