総合 総合 sougou

  • 印刷
10連休を前に、現金自動預払機に詰めかける利用者ら=26日午前、神戸市中央区筒井町3、みなと銀行春日野支店(撮影・中西幸大)
拡大
10連休を前に、現金自動預払機に詰めかける利用者ら=26日午前、神戸市中央区筒井町3、みなと銀行春日野支店(撮影・中西幸大)

 天皇代替わりに伴う10連休が始まるのを前に、最後の平日となった26日、兵庫県内では朝から、金融機関や医療機関などに長蛇の列ができ、宿泊施設などではかつてない書き入れ時への準備に大わらわとなった。

 三井住友銀行神戸駅前支店(神戸市中央区)では、現金自動預払機(ATM)で現金の引き出しや振り込みをするため、順番を待つ人の列が連なった。

 家賃の振り込みで訪れた同区の女性(70)は「落ち着いて連休を迎えようと思って」と説明。一方で何重にも続く行列を見てあきらめて帰る人の姿も見られた。

 医療機関や薬局も朝から繁忙を極めた。薬切れを防ごうと診療を受ける人も多く、神戸・三宮の薬局を訪れた神戸市垂水区の男性(77)は「心臓の病気が心配。念のため薬を出してもらった」と話した。

 宿泊施設は準備に追われる。ホテルニューアワジ(洲本市)の島内9施設は、27日から5月5日まで予約でほぼ満室。夏休みの最盛期並みといい、従業員用の託児所を午前6時から午後11時までフル稼働させる。木下紘一会長は「利用客に気持ちよく過ごしてもらえるよう、受け入れ準備に万全を期した」と話す。

 行政機関の窓口も普段より混み合った。西宮市役所では、転入や転出などの手続きに訪れる人が続いた。戸籍の窓口では、先週から改元前ならではの動きも。「令和婚」を念頭に「5月1日に婚姻届を出したいので、記載内容をチェックしてほしい」との要望で、担当者は「多い日で10人ぐらいが確認に訪れます」と話す。(篠原拓真、竹本拓也、内田尚典、小川 晶) 

総合の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 31℃
  • 12℃
  • 10%

  • 30℃
  • 18℃
  • 0%

  • 32℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ