総合 総合 sougou

  • 印刷
灘菊酒造杜氏の川石光佐さん=姫路市、灘菊酒造(撮影・吉田敦史)
拡大
灘菊酒造杜氏の川石光佐さん=姫路市、灘菊酒造(撮影・吉田敦史)

 元号が変わり、どことなく浮足だった空気が流れる。そんな祝いの場に欠かせないのがお酒。「令和」の出典「万葉集」に和歌を詠んだ大伴旅人も、酒には目がなかったとか。万葉のころから1200年余り、酒を取り巻く環境はずいぶん変わった。だが、酒造りの現場には変わらず醸し続ける人たちがいる。兵庫県内で唯一の女性杜氏(とうじ)、灘菊(なだぎく)酒造(兵庫県姫路市)の川石光佐さん(40)に、時代とお酒について聞いた。(山崎史記子)

 -ここ最近、日本酒は国内より海外で人気のようですね。

 「輸出量は和食ブームに乗って増えています。気になるのは、国内で日本酒が飲まれていない深刻な現状です。例えば、一つの飲食ビルに100人いるとして、何人が日本酒を飲んでいると思いますか? たった7人です。2017年の国内出荷量は50万リットルで、ピークだった1973(昭和48)年の3分の1以下です」

 -ここ数年、台湾の展示会に参加し、昨年はフランス・パリの国際見本市にも出向いたとか。

 「商売のきっかけはほかにもあります。一昨年、香港の会社から突然『取引がしたい』と連絡が入りました。なぜうちに?と尋ねたら、フェイスブック(FB)でたまたま見た商品の雰囲気が気に入ったと。いわゆる“ジャケ買い”です。味が評価されたのではないけれど、小規模で輸出後発隊の私たちには、まずは声が掛かることが大切なんです」

 -会員制交流サイト(SNS)での発信に力を入れているのも、そのためですか。

 「インターネットのおかげで世界はずいぶん近くなって、お客さまとの距離も縮まりました。イベントに出て行くなら1カ月前からSNSで発信を始めます。見てくださっている方には、しつこいくらいでしょうが、『知ってもらう努力をしろ』という“師匠”の教えがありまして…。師匠とは数年前に参加したFBコンテストの講師で、実店舗とネット販売を両立する寝具販売業の社長さんです」

 「体験に基づいた教えだから、余計身につまされた。とはいえ、初めは自分が出るのが嫌で嫌で。『恥ずかしい』と言ったら『お客さまには関係ない』と一蹴されました。イベントについても、『うちはマイナーだから告知しても…』と言うと、『受け止められ方を考える必要はない。どういう思いを込めて造っているのか、アピールすることが大事や』と」

 -なるほど。

 「あるとき、催し会場でお客さまに『SNSで知らせてくれてありがとう』と感謝され、驚きました。イベント自体は十分告知されていると思っていたけど、届いていない。企画しっぱなし、売りっぱなしにしてはいけないですね。体験をSNSで発信してくれる方がいることで、新たな輪や、つながりが増えるのも財産です」

 -冬季は未明からの仕込みに加え、催事にも。両立は大変では?

 「造り手だからこそ、お客さまの感想やアイデアがすぐ試せたり、改善のヒントになったりする。何よりイベントに行くと『杜氏が来た』と言って、売り場の人が喜んでくれるのがうれしい。日本酒は、がぶ飲みするものではないし、必需品でもない。もっと自由に飲んでほしいし、私たちはお酒のある時間に価値を付加しなければと思います」

 「26年前のことですが、姫路城が世界遺産になった年、うちの社員はお城の駐車場で蔵に遊びに来てくださいとビラ配りをしたそうです。お客さまに、商品を買うだけではない仕掛けを味わってもらおうと。現在、私が解説しながら酒蔵を案内する見学会をやっているのも、何かを加えて提供したいという思いの延長です」

 -酒造りは「男社会」です。女性で目立つことも多いのでは?

 「女性だから売れたんやね、と言われたこともありましたが、変えられへん事実に対してああだこうだ思うことはない。統率力の面で男性だったら、と思ったことはありますが、それはほかの経営者を見て学んでゆくしかないかなと。『女』という冠を外しても、おもしろい杜氏でいたいですね」

【かわいし・みさ】1978年姫路市生まれ。創業109年の「灘菊酒造」の三女。東京農業大農学部醸造学科卒。女性では全国3人目の「南部杜氏」。今年の南部杜氏自醸酒鑑評会で2種が優等酒。

◇記者のひとこと

 「もっと自由に日本酒を」の言葉通り、ハイボールやサングリアなどの飲み方も提案する。体力の供給源は? 「気の置けない人たちと飲んで笑って話すこと」。元気の醸し方にも、共感させられる造り手だ。

総合の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ