総合 総合 sougou

  • 印刷
初夏の日差しの下、夏服で登校する生徒=13日午前、神戸市灘区王子町2(撮影・吉田敦史)
拡大
初夏の日差しの下、夏服で登校する生徒=13日午前、神戸市灘区王子町2(撮影・吉田敦史)
涼しげな白の制服で登校する生徒たち=13日午前、神戸市灘区王子町2(撮影・吉田敦史)
拡大
涼しげな白の制服で登校する生徒たち=13日午前、神戸市灘区王子町2(撮影・吉田敦史)

 夏本番に向け、神戸市灘区の私立女子校、松蔭中学・高校の制服が13日、白を基調とした夏服へ衣替えされた。通学路の王子公園(同区)付近では、純白のワンピースに身を包み、笑顔で登校する女子生徒の姿が見られた。

 同校の夏服は1925年に同窓会が制作し、牧師の服などをイメージしてデザインされた。55年前後に長袖から半袖となった以外は当時とほぼ同じという。

 衣替えの時期は職員が気象予報に基づいて決め、今年は例年より1週間早い。13日は朝から20度近くまで気温が上昇し、生徒は坂道を上りながらハンカチで汗をぬぐっていた。

 クラスメートと登校した中学2年の女子生徒(13)は「もっと(衣替えが)早くてもよかったくらい暑い。夏服を着ていると、街で卒業生が話し掛けてくれることがあります」と笑った。

 神戸地方気象台によると、兵庫県内の13日の最高気温は、神戸で25度、姫路で26度まで上昇する見込み。(伊田雄馬)

総合の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ