総合 総合 sougou

  • 印刷
訓練で制限区域内に侵入した男役を取り押さえる警察官ら=大阪空港
拡大
訓練で制限区域内に侵入した男役を取り押さえる警察官ら=大阪空港

 6月28、29日に大阪市で開催される20カ国・地域(G20)首脳会合に備え、大阪(伊丹)空港で13日、テロ対策強化の一環として、要人を迎える際に使う制限区域内への不法侵入を想定した訓練があった。駐機場内にパトカーが乗り入れて侵入者役を追跡するなど、警察官ら約60人が不慮の事態への対応を確かめた。

 同空港を運営する関西エアポートや警察、消防など25機関でつくる「大阪国際空港保安委員会」が主催。関係車両の出入ゲートで警備員が工事車両の入場手続きをしていたところ首脳会合に反対するミニバイクの男1人が滑走路に侵入した、という設定で行われた。

 警備員から事態の発生を報告された空港内の「伊丹オペレーションセンター」が、滑走路閉鎖や侵入者の確保を各部門に要請。「A滑走路を北に向かって走行」との無線連絡を受けて、大阪府警豊中署と兵庫県警伊丹署の署員らがパトカー2台で追跡し、バイクから降りた男を取り押さえた。

 豊中署の川竹貴明空港警備派出所長は講評で「いつ何があるか分からないという危機意識を持つことが重要。万が一の際にも迅速に対応できるよう関係機関との連携などを確かめられた」と話した。

 また、JR東海は沿線8都府県の鉄道警察隊と意見交換する「東海道新幹線鉄道連絡協議会」を同日、大阪市内で開き、G20首脳会合に向けた安全対策などの情報を共有した。(小谷千穂、田中真治)

総合の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ