総合 総合 sougou

  • 印刷
加古川市が整備した合葬墓。球形のモニュメントに特徴がある=加古川市上荘町井ノ口
拡大
加古川市が整備した合葬墓。球形のモニュメントに特徴がある=加古川市上荘町井ノ口

 多数の遺骨を一緒に埋葬する「合葬墓(がっそうぼ)」を設ける自治体が全国的に増えている。兵庫県内では2016年以降、神戸や明石など4市が整備し、募集に対し予想を上回る申し込みが殺到している。少子化で先祖代々の墓を引き継ぐ子や孫がおらず、墓の管理に不安を感じる人が増えていることが背景にある。行政が家族に代わってほぼ永続的に管理し、一般的な墓と比べ費用負担も軽い。(切貫滋巨)

 県内では加古川市が16年に市営墓園内に合葬墓を設け、翌17年に明石市、18年に宝塚、神戸市が相次いで整備した。ほかに三田市や芦屋市も、数年後の開設を目指している。

 明石市は市営石ケ谷墓園内に合葬式墓地を整備し、17年12月に募集を開始。随時受け付けており、申し込みは年間200~300件と見込んでいたが、19年1月末までの14カ月間に計1278件が寄せられた。

 生前予約を除き、実際に遺骨を納めた586件のうち、半分近くはもともと同墓園にあった一般墓から改葬された遺骨だった。市緑化公園課の担当者は「墓の将来に不安を抱え、潜在的に墓じまいを考えていた市民が多かった表れ。受け皿となる合葬墓ができ、後押しになったのでは」と推測する。

 神戸市も市立鵯越墓園(同市北区)内に合葬墓を新設し、18年夏に約20日間の受付期間を設けて初めて募集。予定では560体分だったが、5倍以上の3169体分の応募があり、全て受け付けた。

 市斎園管理課によると、その後も連日のように1日4、5件の問い合わせがあるという。担当者は「近年は市民の意識が変化し、墓じまいが増えている。募集をすれば、多くの申し込みが集まる状況はしばらく続くだろう」とみる。今年は5月27日~6月14日まで受け付ける。

 4市の使用料(1体あたり)は、最初から合葬する場合が5万~7万5千円、一定期間は個別スペースに安置した後、合葬する場合が10万~15万円。原則として初回の一括払いで追加負担はない。一般的な墓は、墓石代や区画使用料などで200万円近くかかることが多い。

【公営の合葬墓】 家ごとに墓石を設け、家族や一族の遺骨を埋葬する一般墓に対し、合葬墓は最終的に他の家族らの遺骨とともに埋葬する。寺の永代供養墓でも合葬となることが多い。兵庫県内の公営合葬墓はいずれも、地下などに骨つぼのまま10~20年間保管する個別安置スペースと、多数の遺骨を布袋などに入れて納める合葬スペースがある。遺族は地上部にある宗教色のないモニュメント前などに墓参りする。

総合の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ