総合 総合 sougou

  • 印刷
西日本豪雨の被災地で清掃活動に取り組む神戸甲北高校の生徒ら=岡山県倉敷市真備町(神戸甲北高校提供)
拡大
西日本豪雨の被災地で清掃活動に取り組む神戸甲北高校の生徒ら=岡山県倉敷市真備町(神戸甲北高校提供)

 ひょうごボランタリープラザ(神戸市中央区)は、災害の被災地で支援活動に取り組む学生らに活動費や交通費を助成する「ひょうご若者被災地応援プロジェクト」の2019年度の助成団体を募集している。

 同プロジェクトは、兵庫県へのふるさと納税を活用し、東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨などの被災地で復旧復興に取り組む若者グループを支援する制度。18年度は西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市での清掃活動や、宮城県名取市の災害公営住宅で暮らす住民との交流など16団体(206人)の活動を支援した。

 高校、大学、専門学校などに通う学生をはじめ、県内在住、在学、在勤の5人以上の若者グループが対象。20団体程度に助成予定という。助成額は1団体最大20万円。同プラザのウェブサイトから必要書類をダウンロードし、支援活動の1カ月前までに書類をプラザに持参する。

 活動終了後には助成団体による活動報告会を開き、経験や教訓を共有してもらい、今後起こりうる災害に向けた被災地支援の担い手育成につなげる。ひょうごボランタリープラザTEL078・360・8845

(井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ