総合 総合 sougou

  • 印刷
仏アヌシー国際アニメーション映画祭で短編が特集される和田淳さん=西宮市の大手前大学
拡大
仏アヌシー国際アニメーション映画祭で短編が特集される和田淳さん=西宮市の大手前大学
和田さんの作品「わからないブタ」の一場面
拡大
和田さんの作品「わからないブタ」の一場面

 気鋭のアニメーション作家で大手前大学准教授の和田淳さん(38)=神戸市=の作品が6月、フランスで開かれる世界最大級の「アヌシー国際アニメーション映画祭」で上映されることになった。淡い色彩の背景に繊細な線、無表情で平たい顔の人物や動物たちが織り成す不思議な世界は、見る人を引きつける。

 和田さんは2002年ごろから独学でアニメ制作を始め、東京芸術大大学院などで映像を学んだ。短編を中心に、ふくよかな人物や動物が独特の動きを繰り返したり、思わぬ動きをしたりする。

 家の前に寝転ぶ巨大なブタとその家族・犬との微妙にズレた関係を描く「わからないブタ」(10年)は数々の賞を受け、審査評では「わからない。いや、そもそもわかろうとして向き合う作品ではないのかもしれない」とも。2年後に発表した「グレートラビット」はベルリン国際映画祭で準グランプリの銀熊賞に輝いた。

 アニメを始めたきっかけは、子どものころに見ていた漫才コンビ「ダウンタウン」などのコント。「あの絶妙の間や感覚がとにかく好きで。それを映像で表現できたらと思って芸術系大学を目指した」そうだ。アニメなら一人でも思うような絵や間を作ることができるのではと考えた。

 独特の感性は日常生活から。変な人やもの、変な動きを見るとつい凝視してしまう。「制作も初めからストーリーや目的があるわけではなく、動きが反復したり静止したり、突然何かに邪魔されて『ブツン』と切れたり…。自分にとっての『キモチいい動き』を思い浮かべ、どう展開すれば効果的なのか、ストーリーを肉付けしていく」。それをアニメでも積極的に取り入れたのが05年ごろ。「自分のもの」「自分の一部」と感じられるようになり、作品は国内外で高く評価されている。

 アヌシーでは「日本特集」の一環で和田さんが04~19年に制作した短編9本を上映。「伝えたいことって特になくて。見ていてしっくりきたり、ザワザワしたり、ハマったなら存分に笑ったり…。自由に感じてほしい」と笑う。

 最新作では、クラシック音楽のヴィヴァルディ「四季」を3人の外国人作家とアニメ化し、和田さんは「秋」を担当。人工知能(AI)が音楽に合わせて映像の速度を調整するというこれまでにない演出を取り入れた。「映画やテレビだけでなく、ネットやゲーム、音楽など、アニメを使っていろんな表現ができるのでは」と期待する。

 作品は和田さんのホームページで見ることができる。

総合の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 50%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 34℃
  • 26℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ