総合 総合 sougou

  • 印刷
建て替えの素案がまとまった兵庫県庁舎。手前の茶色の建物から1、2、3号館と並ぶ=神戸市中央区下山手通5(撮影・那谷享平)
拡大
建て替えの素案がまとまった兵庫県庁舎。手前の茶色の建物から1、2、3号館と並ぶ=神戸市中央区下山手通5(撮影・那谷享平)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県は2030年度をめどに、神戸市中央区の県庁舎と県民会館を建て替える再整備基本構想の素案をまとめた。老朽化した庁舎1、2号館は統合・集約し、防災拠点としての機能を強化する。2号館などの跡地には高級ホテルや商業施設を誘致し、新たな県民会館も整備。JR元町駅北側一帯のにぎわい創出を目指す。20日にある有識者らの検討委員会で素案を示す方針。(井関 徹)

 県庁舎と県民会館の再整備には650億~700億円(解体費を含む)の事業費を見込む。本年度中に基本計画をまとめ、整備期間は約10年を予定する。

 県庁1号館(1966年築)と2号館(70年築)は、いずれも阪神・淡路大震災後に耐震補強が施された。しかし老朽化が進み、大規模災害時の防災拠点に必要な耐震性能が不足していることが判明。長期的な費用負担などを考慮し、改修でなく建て替えを選んだ。

 素案では、1号館跡地に行政機能を集め、既存の災害対策センターや県警本部との連携を強化する。県教育委員会などが入る3号館は耐震性能を満たすため引き続き活用する。

 2号館や県民会館の跡地には、訪日外国人客(インバウンド)に対応する高級ホテルやオフィス、大学のサテライトキャンパスを誘致。レストランや店舗なども配し、三宮などからの回遊性を高める。新しい県民会館は幅広い文化交流拠点とし、商業施設の集客との相乗効果も狙う。

 県庁舎近くから、6月完成予定の県市合同庁舎(神戸市長田区)に移転する神戸県民センターの跡地一帯も、民間アイデアを生かしたにぎわいづくりを検討する。基本構想については昨年以降、有識者らの「元町山手地区再整備基本構想・基本計画検討委員会」や県議会が検討。引き続き基本計画やJR元町駅周辺の再整備を議論していく。

総合の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 40%

  • 34℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ