総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸・三宮の歓楽街。昨年、一帯を活動拠点とする客引きグループ内で殺人事件が起きた=神戸市中央区
拡大
神戸・三宮の歓楽街。昨年、一帯を活動拠点とする客引きグループ内で殺人事件が起きた=神戸市中央区

 全国で暴力団排除の機運が高まり、暴力団員が減る中、特殊詐欺などの組織犯罪で「半グレ」と呼ばれる勢力の関与が目立つようになっている。ここ数年の兵庫県警の捜査でも、関東を中心に半グレと暴力団が、犯罪収益を得るため相互に利用し合う実態が浮上。県警は、県内に本拠を置く山口組、神戸山口組、任侠(にんきょう)山口組の3指定暴力団とは別に、半グレ集団の捜査態勢を強化して動向を警戒している。

 警察庁などによると、近年、大都市の歓楽街を中心に、暴走族の元メンバーらが組織的に暴行や詐欺、飲食店からのあいさつ(みかじめ)料の徴収などで不法に資金を得ているという。こうした暴力団に属さない犯罪集団は一般的に「半グレ」と呼ばれ、同庁は特に悪質性の高いものを「準暴力団」と認定している。ただ指定暴力団のように法的な認定要件はない。

 関西では、大阪・ミナミの「アビス」が準暴力団として知られ、収益の一部を任侠山口組系の団体に上納していたとされた。昨年、メンバー数十人を大阪府警が摘発しいったん解散したが、今年に入って再結集の動きもあるとされる。

 捜査関係者によると、兵庫県内では現在までに、準暴力団を認定したケースはないが、神戸市内に半グレに相当する集団があり、動向を注視しているという。

 2014年には男性が集団暴行され、600万円を奪われる強盗事件が発生。県警に男7人が逮捕されたが、グループは現在も存続しているとみられる。18年4月には神戸・三宮の客引きグループのトップが、メンバーに殺害される事件が発生。グループは既に解散したというが、暴力団とのつながりも指摘された。

 「暴力団に属さない方が、上下関係にも縛られず、自由に非合法活動ができる」。特殊詐欺に関与したとして17年に県警が詐欺容疑で逮捕した、半グレを名乗る東京在住の30代の男は調べに、こう語ったという。

 男は詐欺グループに人手を供給するブローカーや、携帯電話の調達役を担当。薬物密売や詐欺など、目的に応じてさまざまな暴力団組織と協力関係を築いていると説明したという。一方、暴力団側にも、組織が表向きに“ご法度”とする薬物密売や特殊詐欺の隠れみのに半グレを利用するメリットがあるとみられる。

 暴力団員は減少傾向が続き、昨年は統計が残る1958年以降で最少の約1万5600人となり、県内では千人を下回った。相反するように半グレの存在感が増しているが、暴力団以上に、実態が把握しにくいのが現状という。県警幹部は「暴力団に属さない犯罪集団の取り締まりも強め、複雑化する組織犯罪の実態解明を図る」としている。

【半グレ】 暴力団と一般人の中間を指す言葉として広まった。警察は半グレ集団のうち、暴力団ほどの組織性はなくても集団的、常習的に暴力的不法行為をする恐れの高いグループを「準暴力団」と定義し、取り締まりを強化している。グループは暴走族OBらで構成されるケースが目立ち、恐喝や詐欺などのほか、危険ドラッグや覚醒剤の密売にも関わっている可能性があるとみられている。

総合の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 30℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 15℃
  • 0%

  • 32℃
  • 18℃
  • 0%

  • 34℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ