総合 総合 sougou

  • 印刷
市立尼崎高校の男子バレー部で、コーチが部員を平手打ちし、部員が意識をなくして倒れ込んだ体育館が入った北館=尼崎市上ノ島町
拡大
市立尼崎高校の男子バレー部で、コーチが部員を平手打ちし、部員が意識をなくして倒れ込んだ体育館が入った北館=尼崎市上ノ島町

 兵庫県の尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部でコーチを務める男性臨時講師(28)が、3年生部員に体罰をした問題を受け、同市と同市教育委員会は16日、臨時の総合教育会議を開き、稲村和美市長は市教委に、市立の全学校園を対象にした体罰の調査を求めた。稲村市長は終了後、「被害生徒と保護者に心よりおわびする。体罰は決して許されない」との謝罪コメントを出し、発表内容の訂正が続く調査の報告を急がせる意向を示した。

 市教委によると、会議は稲村市長、松本眞教育長らが出席し非公開で行われ、体罰の概要が説明された。部員は4月29日に同校体育館で練習中、講師に10回以上平手打ちされて20~30分間意識を失い、左耳の鼓膜損傷などのけがをし、全治2週間のけがを負ったと報告された。

 また、講師ら部の指導者は倒れた部員を体育館で寝かせたままにしたり、男性監督(51)らも体罰を把握しながら、10連休明けに外部から指摘されるまで校長らに伝えていなかったりした経緯も紹介された。

 稲村市長は市教委に対し、市内の学校園全体で体罰の有無を調べるほか、遅くとも今月20日までに同校の体罰について調査結果を報告するよう要請。このほか同校男子バレーボール部の指導の在り方を見直し、体罰を受けた部員とほかの生徒への対応も求めた。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ