総合 総合 sougou

  • 印刷
学生かばんを作り続ける風間厚徳さん=大阪府松原市天美西5
拡大
学生かばんを作り続ける風間厚徳さん=大阪府松原市天美西5

 来春の小学校入学に向けたランドセル選び「ラン活」が早くもピークを迎えている。カラフルなランドセルが並ぶ売り場で、ふと疑問が浮かんだ。「そういえば、革の学生かばんってどこに?」。調べてみると、平成に入ったころを境に布やナイロン製のスクールバッグへの転換が進み、兵庫県内の公立学校ではほとんど使われていないようだ。今も製造するのは国内でわずか3社程度。そのうちの1社を訪ねた。(広畑千春)

 かばん製造・販売のアトナ商会(大阪府松原市)。代表の風間厚徳(あつのり)さん(42)は、学校の指定かばんにしている数十校のほか、鹿児島県や茨城県の一部地域など、進学祝いとして贈られ使われている地域向けに学生かばんを製造している。

 平成の初めごろまで、中学、高校のかばんといえば、革か人工皮革の手提げかばんだった。ドラマや漫画でも、主人公の男子生徒が手にするのは黒くて薄い学生かばん。男子は小脇に抱えたり、片手で肩にかついだりするのが、「イケてる」とされた。

 分厚いのは格好悪いと、芯を抜き、布団の下に敷いて寝たり、お湯でぬらした布で巻いてつぶしたり…。みんなおしゃれな薄いかばんにしようと真剣だった。当然、教科書もノートも入らないので、教室の机に入れて帰る「置き勉」になる。必要なものは別のバッグに入れた。アイドルのステッカーを貼ったり、自分の座右の銘を書いたりする生徒も。太いかばんを維持させようとする教師陣との攻防も繰り広げられた。

 だが、風間さんによると、昭和から平成に時代が移ると変化が訪れた。制服が詰め襟(学ラン)とセーラー服からブレザーなどに一新されるのに合わせ、かばんも何でも入れられて軽いスクールバッグにする学校が増えた。学生かばんは1990年代半ばごろまでに急速に姿を消した。風間さんも、中学入学直前にスクールバッグに変わり、使うことはなかったそうだ。

 それでも、幼い頃から祖父や父が作るのを見続け、先輩たちが使っていた学生かばんは「憧れだった」と風間さん。大手も中小も製造から手を引く中、「使い続けてくれる人がいる限り、作り続けたい」と2011年に独立した。

 かつては医師の往診にも使われていたという学生かばんは、多くの機能が盛り込まれている。ファスナー付きのポケットがあちこちにあり、持ち手裏には折り畳み傘をしまえるベルトや鍵まで。それらを熟練の技で100個ずつ4日かけて縫い上げていく。

 数年前には、余った革でビジネス用に茶色やネイビーの学生かばんを試作。インターネット通販の「楽天市場」で販売したところ、昔を懐かしむ人らから注文が舞い込むようになった。A4の書類も折れ曲がることなく持ち運べ、実は仕事用にぴったり。「いつか、もう一度良さが分かって復活してくれたらうれしい」と風間さんは目を細める。

 かばんは2段マチ黒が9400円、チョコブラウンは1万2千円。アトナ商会TEL0723・49・7322

     ◇     ◇

■重さ敬遠 通学用激減

 中高生向け学生かばんは、兵庫県内でも昭和の終わりから平成にかけて衰退した。兵庫県教育委員会は「今も学生かばんを使っている公立学校はないのでは」とする。

 ある中学教諭は「革のかばんは重いし、生徒がつぶすので何も入らない。スクールバッグは生徒指導の手間も省けて一石二鳥だった」と話す。

 ランドセルと一緒に製造していたメーカー側も続々と学生かばんから撤退。大手のセイバン(たつの市)も2014年の生産・販売分を最後に終了したという。

 さらに、脱ゆとり教育に向け学習指導要領が改定された2011年度ごろから、教科書の大きさも従来より大きく、ページ数も増える傾向に。生徒の負担が増える中、姫路市立中学校では、両手が空いて安全で負担も少ないとしてリュックサック型スクールバッグが主体になった。

 神戸市立中学校では肩掛けやボストンタイプなど複数のかばんから選べる学校もあり、「学校としてもなるべく軽いものを、という傾向が強まっている」(神戸市教委)という。

総合の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ