総合 総合 sougou

  • 印刷
天然ゴムで作る日本製ビーサンを復活させる羽戸修作さん(左)と中島広行さん=兵庫県稲美町
拡大
天然ゴムで作る日本製ビーサンを復活させる羽戸修作さん(左)と中島広行さん=兵庫県稲美町
鼻緒を通す穴を一つずつ丁寧に開けていく=兵庫県稲美町
拡大
鼻緒を通す穴を一つずつ丁寧に開けていく=兵庫県稲美町
鼻緒も手作業でカットしていく=兵庫県稲美町
拡大
鼻緒も手作業でカットしていく=兵庫県稲美町

 世界的に普及したビーチサンダル(ビーサン)。その発祥の地は神戸だ。ゴム産業が盛んな神戸市長田区を中心に、昭和期はビーサンが盛んに作られ、活気にあふれた神戸だったが、1995年の阪神・淡路大震災で多くの工場が被災。生産拠点も海外に移り、いつしか日本製のビーサンは姿を消した。そんな一度は失われた「神戸発祥」の「日本製」ビーサンの復権を掲げ、奔走している2人の男性がいる。2019年夏には、念願だった天然ゴム製ビーサンの販売も始めるという。(黒川裕生)

■日本製発祥の地、震災で一時消滅

 ビーサンは、当時、神戸・長田に本社があった内外ゴム(現兵庫県明石市)が1952年に世界で初めて作ったという。そんなビーサンの国産化に奔走する2人は、東京で日本製ビーサン専門店「九十九(TSUKUMO)」を営む中島広行さん(46)と、工場「兵神化学」(稲美町)の羽戸修作さん(61)。中島さんは15年に独立するまで、神奈川県葉山町の老舗ビーサン店「げんべい商店」の店主として鳴らした。名だたる企業や団体とコラボするなど、ビーサン界に新しい風を吹き込んできた風雲児だ。

 98年にこの道に入った中島さんは国内に生産工場がないことがずっと不満だった。長くフィリピンの工場に発注していたが、日本向けは規格が異なるため、注文は年に1回だけ。売れて品薄になっても追加できず、コラボやノベルティー依頼への対応も難しかった。台湾の工場に切り替えてもうまく回らず、困り果てていた06年ごろに紹介されたのが羽戸さんだった。

 兵神化学の前身工場はもともと長田にあり、昭和後期に現在地に移転。ビーサンの製造に長く携わっていたが、阪神・淡路の影響で仕入れ先も卸先も失ってしまった。

     ◇

 「スリッパの製造などで10年ほどなんとかしのいできたけど、いよいよ本当にもう駄目だと。中島さんからの製造依頼はそんなタイミングだった。もううれしくてうれしくて。空からクモの糸が下りてきたようだった」と羽戸さんは振り返る。

 2人は長田のある工場の協力を取り付けることに成功し、かつてのように「台」と「鼻緒」を仕入れてビーサンの製造を再開。中島さんからのオーダーは、当時としては常識破りのカラーバリエーション、19色12サイズ展開だったが、羽戸さんはその依頼に全力で応え、日本製ビーサンがついに復活した。国内唯一の現役ビーサン製造者として息を吹き返した羽戸さんは、その後もビーサンを量産し、中島さんの快進撃をサポートしている。

     ◇

 中島さんの独立後、2人は新たな夢の実現に動き始めた。それが「天然ゴム製」のビーサンを作ることだ。羽戸さんによると、以前はどの工場も天然ゴムで作っていたが、次第により安価な合成ゴムやエチレン-酢酸ビニール共重合樹脂(EVA)に取って代わった。

 現在、羽戸さんの工場で作っているのも、鼻緒は天然ゴムだが、台は合成ゴム。「より自然な履き心地が楽しめる天然ゴム製をまたいつか作りたい」。以前のつてで、天然ゴムの台を納入してもらえることになり、試作を重ね、6月下旬には九十九から売り出せる見込みだ。値段は未定。

 中島さんは「正真正銘の日本製、天然ゴム製のビーサンをようやく世に出すことができる。神戸発祥というメッセージも今まで以上に強く打ち出し、ブランド力を高めたい」と意気込んでいる。

総合の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ