総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
華やかな衣装をまとい、サンバを披露するダンサー=19日午後、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
拡大
華やかな衣装をまとい、サンバを披露するダンサー=19日午後、神戸市中央区(撮影・中西幸大)

 「第49回神戸まつり」(神戸新聞社など後援)は19日、最終日を迎え、神戸・三宮周辺でメインフェスティバルが開かれた。初夏の陽気の中、街中に笛や太鼓の軽快な音色が響いた。色鮮やかな羽根飾りを着けたサンバダンサーたちがリズミカルに躍動し、訪れた人たちを魅了した。

 三宮のフラワーロードでは正午ごろ、約1100人の着物姿の女性が、息の合った「総踊り」を披露。続くパレードには、県内外で活動する80団体約6700人が参加し、吹奏楽やバトントワリングなど多彩なパフォーマンスを見せながら、笑顔で練り歩いた。

 会場には、神戸の名産品を販売するブースも設けられた。地酒やステーキ、県内の企業が作る菓子などが勢ぞろいし、訪れた人たちが舌鼓を打っていた。

 主催の神戸市民祭協会によると、最終日は約97万人の人出を記録。今年のまつりは17~19日に開催され、12日のヨットレースや神戸市9区内のまつりなども含め、約138万人が訪れたという。(津田和納)

神戸まつり2019写真集はこちら

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ