総合 総合 sougou

  • 印刷
塩の釜焚(た)きを体験する子どもたち=赤穂市御崎、市立海洋科学館・塩の国
拡大
塩の釜焚(た)きを体験する子どもたち=赤穂市御崎、市立海洋科学館・塩の国
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
赤い面や麒麟の頭が特徴的な麒麟獅子舞=兵庫県新温泉町諸寄
拡大
赤い面や麒麟の頭が特徴的な麒麟獅子舞=兵庫県新温泉町諸寄
西国三十三所の第24番札所、中山寺の山門=宝塚市中山寺2(同寺提供)
拡大
西国三十三所の第24番札所、中山寺の山門=宝塚市中山寺2(同寺提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 文化庁は20日、地域の有形、無形の文化財をストーリーとしてまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に、新たに21道府県の16件を認定した。兵庫県からは赤穂市の「『日本第一』の塩を産したまち 播州赤穂」▽香美町と新温泉町が鳥取県内5市町と申請した「日本海の風が生んだ絶景と秘境-幸せを呼ぶ霊獣・麒麟が舞う大地『因幡・但馬』」▽中山寺(宝塚市)や播州清水寺(加東市)、一乗寺(加西市)、書写山円教寺(姫路市)を含む「1300年つづく日本の終活の旅~西国三十三所観音巡礼~」-の計3件が選ばれた。

 日本遺産は2015年度に創設され、今回は72件から有識者が選定。同庁は20年度までに100件程度の認定を目指し、これで計83件となった。兵庫県は都道府県別で最多の8件。

 「『日本第一の塩』-」は、江戸時代に入浜塩田による塩作りが確立し、「塩の国」として歩んできた赤穂の歴史、文化を紹介。旧日本専売公社赤穂支局(赤穂塩務局)事務所や製塩用具など41の文化財で構成し、外国人観光客らに向けた観光資源として期待できるとして認定された。

 「日本海の風-」は、但馬御火浦(新温泉町)など海岸の奇岩や砂丘といった景観を、「風」をテーマに一体的にPR。伝統行事「麒麟獅子舞」を体験できる施設など、地域活性化の取り組みも評価された。

 「1300年つづく-」は、宝塚市、加東市、加西市、姫路市が他の6府県の20市町村と申請した。日本最古の仏教巡礼路として知られる西国三十三所を「終活」というキーワードでくくり、他の巡礼と差別化。観音信仰は海外でも関心が高いと期待を集めた。

 また、既に認定されている「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」の申請自治体として、兵庫から姫路市(中島家住宅など)、たつの市(室津海駅館など)が追加認定された。(永見将人)

総合の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ