総合 総合 sougou

時計2019/5/20 14:30神戸新聞NEXT

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
フォネティックコード(国土交通省 航空管制官公式ページから)
拡大
フォネティックコード(国土交通省 航空管制官公式ページから)

 漢字の「乃」を20代女性に説明した際、「乃木将軍の乃」と伝えたところ「ああ、乃木坂46の乃ですね」といなされた--と神戸新聞NEXTで紹介したところ、「私もです!」との声が社内から寄せられました。漢字を説明する際に感じる「ギャップあるある」、皆さんは?(ネクスト編集部 金井かおる)

■木村拓哉それとも志賀直哉

 約12年前、ある新人女性記者が先輩記者に「『や』は『木村拓哉』の哉」と伝えたところ、先輩は「それは『かなや』の哉。今どきの人はキムタクなん?」との反応したそうです。「かなや」とは、「哉」の読みの「かな」と「や」を組み合わせた新聞社独自の言い回しです。

 言葉を扱う新聞社や出版社には、2人1組で行う「読み合わせ」という仕事があります。1人が原稿を読み上げ、1人が元資料で誤表記や脱字がないか確かめます。

 そうした際、同音の漢字は紛らわしいため、例えば、「富士」と区別するため「藤」を「下がりふじ」、「哉」と区別するため、「也」を「なりや」と呼びます。

 「藤原」を読み合わせる際は、「下がりふじ、原っぱのはら」、「一也」の場合は「漢数字のいち、なりやのや」という具合です。

 とはいえ、こうした言い回しにもはやり廃りがあるようで、最近では「かなや」を使う人も減り、「キムタクの哉」とか「志賀直哉の哉」と使われているようです。(筆者調べ)

■関西でTといえば

 「T」を含むメールアドレスを電話で伝える際の「Tは東京かティッシュか」問題にも、さまざまな意見をいただきました。「タイガースのTやろ」「Tシャツで通じる」。

 中でも多かったのが、無線ファンの方たちからの「TはタンゴのTだ」という声。なぜタンゴ? その答えは国土交通省のホームページにありました。航空無線で管制官とパイロットがやり取りする際、多く使われる数字やアルファベットに聞き間違いが起こらないよう、全てのアルファベットには航空無線特有の読み方「フォネティックコード(欧文通話表)」が決められています。Tの欄は確かに「Tango」。「フォネティックコードは全世界共通なので、世界中のパイロットや管制官が使います」(国土交通省)

 航空無線ではフォネティックコードが世界共通ですが、ビジネス電話では「相手に伝わっていれば大丈夫」(日本電信電話ユーザー協会技能検定部長の吉川理恵子さん)。タンゴ、阪神タイガース、Tシャツ、ティッシュ、東京…。伝われば、間違いではありません。

 そこで気になり始めたのが、冒頭の「哉」。木村拓哉さんはご自身の漢字表記をどう説明しているのでしょうか?

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ