総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
市体罰問題について説明する尼崎市立尼崎高校の桑本廣志校長(左)と般若利博教頭=22日午後、尼崎市東七松町1(撮影・小谷千穂)
拡大
市体罰問題について説明する尼崎市立尼崎高校の桑本廣志校長(左)と般若利博教頭=22日午後、尼崎市東七松町1(撮影・小谷千穂)

 兵庫県尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部で、コーチを務める臨時講師の体罰で部員がけがをした問題で、同校の桑本廣志校長(58)が22日会見し、「部活動を顧問に任せきりにしてしまった。認識が甘かった」と謝罪した。また市教育委員会の調査に当初、部員のけがを報告しなかったことには「隠蔽の意図はなかった」と釈明した。

 男子バレー部では4月29日の練習中、コーチの男性臨時講師(28)が3年生部員を10回以上平手打ちし、部員は意識を20~30分間失い、鼓膜が破れるけがをした。体罰の常態化などを指摘した同市教委の調査報告を受け、会見には体育科を担当する般若利博教頭(58)も同席した。

 調査報告は、学校に体罰を報告しなかった男性監督(51)を「隠蔽に当たる」とし、部員のけがを知りながら報告書に記さなかった般若教頭を「限りなく隠蔽に近い」と認定。これについて般若教頭は、体罰自体を伝えることを優先し「(けがなど)ほかの項目は頭に浮かばなかった」と説明した。

 また、けがを確認できる立場だったとして「極めて不適切な対応」とされた桑本校長も、意図的な隠蔽は否定した。

 これまでに硬式野球部コーチの男性臨時講師(25)も生徒への体罰を認めているが、桑本校長は男子バレー部と野球部以外に体罰に関する情報は把握していないとした。また、好成績を残している部に何も言えない雰囲気があるのかと問われ、「強いクラブに物を言えないとは思っていない」と答えた。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ