総合 総合 sougou

  • 印刷
就任から1カ月を迎えた清元秀泰・姫路市長=姫路市役所
拡大
就任から1カ月を迎えた清元秀泰・姫路市長=姫路市役所

 兵庫県姫路市の清元秀泰市長が、就任1カ月に合わせて神戸新聞社のインタビュー取材に応じ、市職員の働き方改革に取り組む意向を示した。医師としての立場から、救急医療体制の充実も掲げた。

 -4月30日に就任してから1カ月。今の心境は。

 「市民から『医療や福祉、教育をよくして』という期待を託されたと思っている。それを忘れてしまうと民意が離れてしまう。食堂で気軽に話せるような、市民との距離が近いトップでありたい」

 -市職員の働き方改革をどう考える。

 「遅くまで働き過ぎという印象があり、ノー残業デーを増やすために効率を上げたい。例えば夏場のエアコン。設定温度は28度だが、快適じゃない。25度にした方が仕事効率が上がるというデータもある。働きやすい環境を検討し、市役所から実践していきたい」

 -前市長の路線継承を強調しているが、医療分野でどのように独自色を出す。

 「短期的な課題でいうと、救急搬送先の確保だ。受け入れ先の病院を探す時間を少しでも短くする。そのためには医師不足の解消が必要だ。将来的には、地元に医科大学を開設したい」

(聞き手・小川 晶、谷川直生)

総合の最新
もっと見る

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ