総合 総合 sougou

  • 印刷

 障害者が働きながら技能を身につける「就労継続支援事業所」では、低い工賃が課題となっている。

 事業所には、雇用契約を結ぶA型事業所と、雇用契約のないB型事業所の2種類がある。厚生労働省によると、2017年度の月額平均工賃は、A型で7万4085円、B型で1万5603円となっている。

 B型で兵庫県の平均工賃は1万4041円。滋賀県1万8156円や京都府1万6724円に比べて低く、関西2府4県ではワースト2だった。ただ工賃の実質的な低さは課題として残るものの、B型の平均工賃は増加傾向を示している。

 一方、平均工賃の減少傾向が課題となっているのがA型だ。

 A型では雇用者数に応じて国から補助金を受け取れるため、近年、制度を悪用する業者が相次いだ。

 これを受け、2017年4月に制度が厳格化され、補助金を賃金に充てるのは原則禁止されたが、その結果、経営悪化で廃業する事業所も続出。障害者の大量解雇も社会問題となった。国は「工賃倍増計画」を策定したが、抜本的解決には至っていない。(末永陽子)

総合の最新
もっと見る

天気(4月9日)

  • 17℃
  • 8℃
  • 20%

  • 16℃
  • 2℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ