総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
エメラルドグリーンに輝く羽を広げるミドリシジミの雄=神戸市北区、あいな里山公園
拡大
エメラルドグリーンに輝く羽を広げるミドリシジミの雄=神戸市北区、あいな里山公園

 広げた羽がエメラルドグリーンの光沢を見せる姿から「森の宝石」と呼ばれるチョウ「ミドリシジミ」が、あいな里山公園(神戸市北区山田町藍那)で羽化の季節を迎えている。(鈴木雅之)

 シジミチョウ科で、羽を広げた大きさは約2~3センチ。羽が輝いて見えるのは雄だけで、頭側からのぞくと角度によって青や緑に色合いが変化して見える。

 生息域は幼虫のえさとなるハンノキが生える里山。棚田など豊かな自然がある同園で、動きが盛んになるのは晴れた日の夕方4時ごろから。雄はハンノキ周辺の葉で羽を広げて雌にアピールする。雄同士が縄張り争いで激しく交錯しながら飛び回る様子も見られる。

 同園によると、今月中旬ごろまで観察できそうという。園内での捕獲を禁止している。

 あいな里山公園TEL078・591・8000

総合の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ