総合 総合 sougou

  • 印刷
参院選での選挙違反取り締まり方針などを確認した署長会議=兵庫県警本部
拡大
参院選での選挙違反取り締まり方針などを確認した署長会議=兵庫県警本部

 夏の参院選に向け、兵庫県警は10日、神戸市中央区の県警本部で、臨時の署長会議を開いた。本部の幹部と県内49署の署長ら計約130人が、選挙違反取り締まりや要人警護についての方針を確認した。

 会議の冒頭、加藤晃久本部長は「選挙が公正に行われ、国民の意思が正しく反映されることは民主主義の根幹。適正な取り締まりを行い、県民の期待に応える」と訓示。厳正な違反摘発に加え、選挙運動の自由や人権への配慮について指示した。テロへの警戒や、県内へ応援に駆け付ける政党幹部らの警護も徹底するよう求めた。

 参院選の日程は「7月4日公示、同21日投開票」が有力視されている。兵庫選挙区(改選数3)では、7日にあった立候補予定者説明会に計7陣営が出席。うち5陣営は既に立候補を表明している。(那谷享平)

総合の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ