総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県議の谷口俊介氏
拡大
兵庫県議の谷口俊介氏

 4月の兵庫県議選期間中に車で当て逃げし、代わりに弟を出頭させたとして道交法違反容疑などで書類送検された谷口俊介県議(41)=神戸市西区選出=が13日、報道各社の取材に応じ、「身代わり出頭させる意図はなく、簡単な事故受け付けでいいと安易に考えていた」と釈明した。谷口氏が事件について説明するのは初めて。

 谷口氏は4月2日朝、神戸市西区のスーパーの駐車場出入り口にある開閉式バーに車を接触させたが、そのまま逃げ、自身の代わりに弟を出頭させた疑いが持たれている。兵庫県警は道交法違反(当て逃げ)と犯人隠避教唆容疑で書類送検した。

 谷口氏は当て逃げ容疑について「車に傷もなく、開閉バーも動いていたのでそのまま発進した」と説明。犯人隠避教唆容疑については「警察から出頭要請があった後、弟から『僕が行くわ』と提案があり、簡単な事故報告でいいと思って任せた。(自分が運転していたのを)隠そうという意図はなかった」と述べた。

 辞職の意思がないことを示し、「今回のことを猛省し、今まで以上に県民のために尽くしたい」と謝罪した。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 14℃
  • 0℃
  • 10%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ