総合 総合 sougou

  • 印刷
里見香奈新女流王位
拡大
里見香奈新女流王位

 将棋の第30期女流王位戦5番勝負(神戸新聞社主催)の第4局が13日午前9時から徳島市のJRホテルクレメント徳島で指され、午後4時47分、後手番の里見香奈女流四冠(27)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=が96手で渡部愛女流王位(25)を下し、対戦成績3勝1敗でタイトルを奪還。3度目の女流五冠となり、通算5期獲得で「クイーン王位」の称号を得た。

 持ち時間各4時間のうち、残りは里見1時間39分、渡部15分。

 里見のリターンマッチとなった今期は全局が里見の振り飛車、渡部の居飛車の対抗型となり、第3、4局を連勝した里見が第一人者の実力を示した。渡部は初防衛を逃し、日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属棋士のタイトル保持者は不在となった。

【さとみ・かな】1992年、島根県出雲市生まれ。森雞二・九段門下。2004年女流2級(プロ入り)。08年、第16期倉敷藤花戦で初タイトル獲得。11年に奨励会に1級で編入、7年ほど在籍した。同10月に女流五段。13年、女王奪取で史上初の女流五冠を達成。女流タイトル通算獲得数は36期。

【女流王位戦】中継サイトはこちら

総合の最新