総合 総合 sougou

  • 印刷
女流王位戦第4局を制し、感想戦で対局を振り返る里見香奈新女流王位=13日午後、徳島市、JRホテルクレメント徳島
拡大
女流王位戦第4局を制し、感想戦で対局を振り返る里見香奈新女流王位=13日午後、徳島市、JRホテルクレメント徳島

 13日に徳島市のJRホテルクレメント徳島で指された第30期女流王位戦5番勝負(神戸新聞社主催)第4局は、里見香奈新女流王位(27)が渡部愛前女流王位(25)に快勝、三たび五冠に返り咲いた。中盤で里見がリードし、終盤には差が開いた一局。直後のインタビューでは落ち着いた雰囲気の里見に対し、渡部は「中盤で選択を間違えて…」と涙声で答えた。

 里見の「ゴキゲン中飛車」に、渡部が右銀を4六に繰り出す「超速銀」で対抗した本局。渡部の4五桂(31手目)で戦いが始まり、中央の主導権争いが焦点となった。

 渡部は6六角(47手目)と出て端をにらんだが、里見が銀2枚で中央を制圧して局面をリード。さらに5七歩成(52手目)が巧みで、じりじりと差が開く展開になった。渡部も粘りを見せたが、挽回には至らず。最後は5分間盤面を見つめて静かに頭を下げ、シリーズに終止符が打たれた。

 立会人の武市三郎七段は「9筋の位を生かそうとした6六角(47手目)が裏目に出た印象。ここから里見の攻めに調子がつき、渡部の粘りを許さなかった一局」と総括した。

 女流棋戦は現在7タイトル。里見は新棋戦のヒューリック杯清麗戦で準決勝に進出しており、女流棋界で史上初となる女流六冠が視野に入ってきた。

【里見香奈新女流王位の話】中盤、角を取ったところは指しやすいと思った。今シリーズは際どい将棋や大きなミスが出た将棋もあったが、全体を通して、ミスしても持ち直せたのが良かったかと。クイーン王位に就けて光栄に思います。

【渡部愛前女流王位の話】中盤での選択を間違えてしまい、情けない展開になってしまった。初防衛戦を迎えるにあたって、里見さんと戦えることを楽しみにしていましたが、シリーズ通して自分の実力がまだまだ足りないと思いました。

【女流王位戦】中継サイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ