総合 総合 sougou

  • 印刷
ハンドメイド作品の材料がずらりと並ぶ会場=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
ハンドメイド作品の材料がずらりと並ぶ会場=デザイン・クリエイティブセンター神戸
会場で開催されている織物のワークショップ=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
会場で開催されている織物のワークショップ=デザイン・クリエイティブセンター神戸

 糸や布、ボタンなどハンドメイド作品の素材を集めた「素材博覧会」(神戸新聞社など後援)が13日、神戸市中央区小野浜町のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で始まった。ツイッターやインスタグラムなど会員制交流サイト(SNS)、インターネット通販の浸透で愛好家が増えており、お目当ての素材を探す来場者が詰めかけた。15日まで。

 作家らでつくるジャパンビーズソサエティの主催で3回目。会場には、オリジナルの生地や糸、牛革、ガラス、石、木製アクセサリー、ボタン、真珠といったハンドメイド作品の素材を販売する約100団体のブースが並ぶ。県内で生産された素材もある。織物やレザークラフトなどの制作体験や講座も随時開催する。

 主催者代表の宮本恭庸さんによると、ネットなどで愛好家の作品発表の場が増え、個人向けの販売を始める業者も増えたという。「全国から珍しい素材を扱う業者が集まった。ぜひ手にとってほしい」と話した。

 入場無料。午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。制作体験の参加費など、詳細は同博覧会のウェブサイトで。ジャパンビーズソサエティTEL078・331・0884

(井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ